−<「げーむのせつめいしょ(仮)」管理人より注意>−
ディスクシステムの説明書のページは、内容が『書き換え版』の場合もあります。あらかじめご了承ください。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


ファミコン探偵倶楽部
消えた後継者
後編


<もくじ>

ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者ストーリー
登場人物捜査ファイル
ファミコン探偵倶楽部後編のゲームを始めるために
後編の捜査を進めるためには
これだけは覚えておいてほしい注意事項


<ファミコン探偵倶楽部消えた後継者ストーリー>

謎は深まり、恐怖の事件は続く……

 「ぼ、ぼくはだれだ? ここでいったい何を……」
 自殺の名所、海上の崖で事故に会い、あなたは記憶を失っていた。あゆみと出会ったあなたは、自分が空木探偵の助手であることを知り、先日謎の死をとげた綾城キクについて調査中だったこともつきとめた。
 明神村にある綾城家は巨大企業、綾城商事の実権を握る一族で、キクはその会長であり、綾城家の当主でもあった。キクの死は心不全、しかしその死に疑問を持った執事、善蔵が今回の事件の依頼主だったのだ。
 善蔵の疑問は単なる思い過ごしとは思えなかった。なぜならキクの死を内心喜んでいる人物が多いからだ。キクのおいである社長の完治、その弟で専務の二郎、そしてあずさの3人兄弟である。たしかに、キクの持っている財産や会社の権限は、3人にとってかなり魅力あるものだ。
 そのころ、村中で妙なうわさがささやかれ始めていた。キクを殺しその財産をねらう者は、墓から甦ったキクに殺されるだろうというものだ。これは、村に古くから伝わる死人甦りの伝説からうまれたうわさのようだ。
 あなたの調査が思うように進まなかったそんなとき、ついに殺人が起こった。完治が綾城家の土蔵の中で殺されたのだ。警察は完治の息子アキラを指名手配したが行方はつかめなかった。しかしあなたは、この事件がそんな単純なものとは思えなかった。
 キクの一人娘で綾城家後継者の証を持つ綾城ユリ。キクの遺言書作成に協力した神田弁護士。何か秘密を持っていそうなお手伝いの茜。そして子供のころキクに綾城家を追われ行方不明のユリの腹違いの弟、和人。このだれもが、何か事件の鍵を握っているように思える。
 そして、海上の崖であなたを助けてくれた天地のいう『お守り』のうわ言とはなんだったのか?
 あなたの記憶はいまだにすべてもどってはいない。しかし事件の謎は、ますます深まっていくばかりだ。
 そして事件は、善蔵からの電話でさらに新たな展開をむかえようとしていた。二郎の身に何かが起こったということだった!

 あなたは再び明神村へと向かったのである。


<登場人物捜査ファイル>

ゲームは後編に入って、事件の謎はますます深まってきた。新しく登場した人の名前やプロフィールがわかったらどんどん捜査ファイルに書き込んでいこう。

主人公(17歳)――[         ](登録した名前を書き込んでね)
手に入れたもの


推理



橘 あゆみ(17歳)




空木俊介探偵(38歳)




天地(38歳)
証言

メモ

綾城 キク(78歳)
わかったこと

メモ

綾城 完治(58歳)
わかったこと

メモ

春日 あずさ(40歳)
証言

メモ

綾城 二郎(39歳)
証言

メモ

綾城 アキラ(23歳)
わかったこと

メモ

綾城 ユリ(?歳)
わかったこと

メモ

田辺 善蔵(76歳)
証言

メモ

山崎 茜(19歳)
証言

メモ

熊田医師(63歳)
証言

メモ

玄信住職(87歳)
証言

メモ

神田弁護士
わかったこと

メモ

綾城 和人(?歳)
わかったこと

メモ

[        ]
メモ



[        ]
メモ



[        ]
メモ



[        ]
メモ



[        ]
メモ



[        ]
メモ



[        ]
メモ




その他の人たちの証言






メモ







キクの遺言書のメモ
綾城商事の会長としてキクが持っていたすべての権利は綾城家の正当なる後継者の“しるし”を持つ綾城ユリにゆずられるものとする。キクの個人財産は、半分を綾城ユリに、残りの半分を綾城完治、春日あずさ、綾城二郎の3名で公平に分配すべし。
メモ






<ファミコン探偵倶楽部、後編のゲームを始めるために>

■ディスクシステムでゲームを起動しよう

[1]  まず、ファミリーコンピュータ本体とRAMアダプタ、ディスクドライブを正しく接続し、本体のパワーをONにします。左下のようなタイトル画面が出てくるので、ディスクドライブに前編のSIDE Aを上にしてセット。画面がちゃんと出ないときは、接続を確認してください。

[2]  右上の“NOW LOADING”という画面が出てしばらくすると、下のような画面に変わります。もし“A,B SIDE ERR.07”という表示が出た場合は、ディスクカードを取り出して、SIDE A、B、ディスクの前後編を確認して、もう一度正しくセットしなおしてください。

[3]  これで下のような画面が出てきます。セレクトボタンで“ちょうささいかい”をセレクトして、スタートボタンを押すと、画面に指示が出ます。その指示にしたがって、後編のディスクカードをセットすると、そのままでゲーム画面が出てきます。もしここまでで正しく画面が出てこないようなら、下記「ディスクシステムが正常に作動しなくなったときには…」の一覧表で原因を調べ、それに応じた処置をしてください。ただし、前編のゲームが終了していない場合は、後編のゲームは開始できません。

 ゲームスタート時やゲーム途中に、画面が止まったり、真っ黒になったりしますが、この間はディスクシステムが作動中なので、新しい画面が出るまでそのままお待ちください。


<後編の捜査を進めるためには>

前編が解けたキミならもうわかるはず
 コントローラの使い方、セーブの仕方、コマンドの実行の仕方などは前編とはまったく同じ。この後編を始める人は見事に前編を終了しているはずなので、ゲームの進め方はもう十分にわかっていることでしょう。主人公になりきって、この難事件をぜひ解決してください。

文字を入力する画面が出たら
 後編のゲームにはひとつだけ新しい操作が出てきます。ゲームを進めていくと、文字を入力するという画面が出てきます。そのときは、適切な文字を十字ボタンの左右を使って入れていってください。十字ボタンの右は順送り、左は逆送り、Aボタンで決定、Bボタンで取り消しとなります。

【メインコマンドのおさらい】
ばしょいどう
よぶ
きく
しらべる
とる
あける
みせる
すいりする
おもいだす
そうさやめる


<これだけは覚えておいてほしい注意事項>

ディスクカードは、カセットよりもずっとデリケートです。ここに書いてある注意事項をきちんと守ってあげないとゲームができなくなったりします。

ディスクカードは大切に取り扱おう
ディスクカードの窓から見える茶色の磁気フィルム部分には、絶対に指などで直接触れないで! それから、そこを汚したり傷つけたりしないように気をつけよう。
湿気や暑さにはとっても弱い。風通しのよい涼しい場所に保管しよう。
ゴミゴミしたところは大キライ! ホコリはディスクカードの大敵なのだ。
磁石を近づけると、データが消えちゃうぞ。テレビ、ラジオなども磁力があるから、近づけないでね。
踏んづけたりするのはもってのほか。いつもプラスチックケースの中に入れておくように!

ディスクドライブの赤ランプがついている時は、EJECTボタンを押したり、本体の電源やRESETスイッチに手を触れちゃダメ。大きな衝撃も与えないように注意しようね。


<ディスクシステムが正常に作動しなくなったときには…>

ディスクシステムが正常に作動しないときは、画面に異状を知らせるエラーメッセージが表示されます。
エラーメッセージ 内容と対処方法
DISK SET
ERR.01
ディスクカードを正しくセットしてください。
BATTERY
ERR.02
電圧が弱くなっています。(新しい乾電池か、ACアダプタを取りつけてください)
ERR.03 ディスクカードのツメが折れています。
ツメの所にテープを貼ってください。
ERR.04 違ったメーカーのディスクカードがセットされています。
ERR.05 違ったゲーム名のディスクカードがセットされています。
ERR.06 違ったバージョンのディスクカードがセットされています。
A,B,SIDE
ERR.07
A面・B面を確認して指示どおりセット。
ERR.08 違った順番のディスクカードがセットされています。
ERR.20 許諾画面のデータが読み取れない。
ERR.21・22 ディスクカードの信号が最初から読み取れない。
ERR.23・24・25 ディスクカードの信号が途中から読み取れない。
ERR.26 ディスクカードに正しくSAVEできない。
ERR.27 ディスクカードのデータが少しおかしくなった。
ERR.28・29 ディスクカードの信号とコンピュータの仕事の速度が合わない。
ERR.30 ディスクカードにSAVEできる残りの部分がない。
ERR.31 ディスクカードのデータ数が実際と合わない。

ERR.20〜40の主な原因
ディスクカードの磁気フィルムに汚れやキズがついている。
ディスクカードの信号が消えている。
ディスクドライブのヘッドが汚れている。
ERR.20〜40の場合は最寄りの任天堂へご相談ください。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る