−<「げーむのせつめいしょ(仮)」管理人より注意>−
ディスクシステムの説明書のページは、内容が『書き換え版』の場合もあります。あらかじめご了承ください。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


テニス

このたびは任天堂“ファミリーコンピュータTMディスクシステム・テニス(FMC-TEN)”をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。
ご使用の前に取扱い方、使用上の注意等、この「取扱説明書」をよくお読みいただき、正しい使用法でご愛用ください。
なお、この「取扱説明書」は大切に保管してください。


<目次>

1.コントローラー各部の操作の説明
2.テニスの遊び方


<1.コントローラー各部の操作の説明>

Tコントローラーは、 SINGLES GAME
DOUBLES GAME
Uコントローラーは、 DOUBLES GAME

●十字ボタン
プレイヤーを移動させます。
ネットに近づきます。
右へ移動します。
ネットから離れます。
左へ移動します。

●Aボタン
プレイヤーがスイングします。サーブの時にも使います。

●Bボタン
ロビング(山高ボールを打つ時)に使います。

●SELECTボタン
このボタンを押すごとに*印が移動しますので、SINGLESかDOUBLESに合わせてください。

●STARTボタン
このボタンを押すとSELECTボタンで押したゲームが始まります。
《ポーズ機能》
ゲームの途中で、一時中断したい時にSTARTボタンを押すと、チャイムがなってゲームがストップします。次に、再スタートしたい時にも押してください。前の状態からゲームが続けられます。

ゲーム中、SELECTボタンは、はたらきません。
対戦相手の強さは、1(初心者)……5(上級者)の5段階に設定されています。
1-PLAYER(SINGLES)の場合はTコントローラーを使用してください。
2-PLAYER(DOUBLES)の場合はT・Uコントローラーを使用してください。


<2.遊び方>

TENNISゲームは、コンピュータを相手に1人で対戦するSINGLESと、コンピュータを相手に2人で対戦するDOUBLESがあります。
試合は3セットマッチで、2セットを先取した方が勝ちになります。
コートのサイドラインは、SINGLESの場合は内側、DOUBLESの場合は外側になります。


サービスエリアは、サーブ位置から見て、相手コートの青色の部分です(下図)。


1) SINGLESかDOUBLESを選んだ後にSTARTボタンを押すと、次は対戦相手を選ぶ画面が出てきます。
2) 1〜5段階の中から自分の腕前に合った相手を選んで十字ボタンの左右でセットしてください。
対戦相手は5段階の強さに設定されています。数が大きくなるほど強敵になり、それぞれユニフォームの色で区別しています。
対戦相手
ユニホームの色 薄緑ピンク水色赤紫
強  さ 初心者………中級者………上級者
対戦相手の難易度が上ると、ユニホームの色が変わります。
3) もう1度STARTボタンを押すとゲームが始まります。


〔コート〕
画面の手前が自分のコートになります。ネットの向こう側は対戦相手(コンピュータ)のコートです。

〔サーブ〕
サーブから試合は始まります。相手サーブの時、ボールをダイレクトに打ち返すと相手のポイントになります。
自分がサーブの時には、ベースラインの後にプレイヤーが自動的にセットされ、ボールがトスアップされます。落ちてくるボールにタイミングを合わせ、Aボタンを押してサーブをしてください。
高速サーブを打てるポイントがありますので、見つけ出してください。また、サーブをするタイミングによって、ネットにひっかかったり、オーバーしたりします。

〔ショット〕
十字ボタンでプレイヤーを前後左右に移動させます。飛んでくるボールにタイミングを合わせてAボタンまたはBボタンを押し、プレイヤーをスイングさせてボールを打ち返してください。
多彩なショットで攻撃できます。
サーブスマッシュ フォアハンドバックハンド
フォアボレーバックボレー フォアロブバックロブ

〔ルール〕 実戦ルールとは、多少異なる場合がありますのでご了承ください。
《ポイント》
4ポイントとれば1ゲーム取得です。
0ポイント ラブ
1ポイント フィフティーン 15
2ポイント サーティ 30
3ポイント フォーティ 40
40−40はジュースです。どちらかのプレイヤーが2ポイントの差をつけるまで続けます。
《ゲーム》
6ゲームとれば1セット取得です。
6ゲーム・オールからはタイブレーク(ポイントの得失)方式で勝負を決めます。
《セット》
2セットとれば、その試合の勝者です。2連勝すると画面にビクトリー(優勝杯)が表示されます。



■テニス用語説明
フォールト サーブがサービスエリアに入らなかったボール。
ダブルフォールト サーバーは2回のサービスができますが、2回失敗した時はダブルフォールトが宣言され、ポイントを失なってしまいます。
ロブ 山高ボール。
タイブレーク
6ゲームオールになった時に適用されます。先に2ポイント以上の差をつけて7ポイントをとった方が勝ちとなります。
6ポイント・オールになった時は、どちらかが2ポイントの差をつけるまで続けます。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る