ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


バルバルークの伝説より
アイギーナの予言

このたびはビック東海のファミリーコンピュータ用カセット「アイギーナの予言」をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございました。
プレイ前にこの取扱い説明書をよくお読みいただき、正しい使用方法で御愛用下さい。


<目 次>

1.ストーリー
2.スタートとコントローラーの使い方
3.遊び方
  ゲーム目的とプレイ方法
  敵キャラクターの倒し方と紹介
  アイテムについて
  ほこら内の人物との会話
4.パスワード
5.ワンポイント・アドバイス


<1.ストーリー>

 現在より一万二千年ほど前、バルバ地方を中心とした高度文明が存在した…。
 当時の人々は、精神の奥底の力を実体として使う能力があり、それに順応した生活を送っていた。
 その中でギラム=i現在でいう王様)の地位にあったアイギーナは、地球に接近しつつある邪悪な存在を予知した。
「この宇宙の果てで、大異変が起こり、恐るべき驚異が我々の側まで来ている。」
 この驚異と言うのは暗黒彗星≠ナあった。その軌道は、地球軌道を横切る形で通過すると見られ、その強大な引力により、地球は内部まで引き寄せられて、最後には破壊されてしまうだろう。
 アイギーナは、この最大の危機を逃れる為に、人々を集めその方法を説明した。彼らの精神波(オーラパワー)を集中し、強力なエネルギーとして、地球を引力より脱出させると言うものだった。
 天空に凶星が現れ、暗黒彗星の接近を予告していた。地上でも、その影響により異変が起こりつつあった。彗星より発せられる妖力により地上の生物は、次々と人々に襲いかかっていった。
 アイギーナのもと、人々はバルバ神殿に集まり、それぞれ自分達の持てる力を発揮したのだった。しかし、彗星の引力は強大で、人々は次々と倒れていった。
 地上はしだいに闇に覆われ、太陽光はさえぎられた。
 アイギーナは最後の決断をした。みずからの命と引きかえに、彼らの持てる力、その全ての力を星の形の石に込めて、オーラの祭壇より天空の闇に向けて投げ上げた。彼らをまばゆいばかりの閃光が包み、大地は揺らいで引き裂れた。地の底より巨大な雷が走り、それは天の闇に向けて立ち昇っていった…。
 天を覆う闇の隙間より光がこぼれた。暗黒彗星の驚異に彼らは討ち勝ったのである。
 バルバの地には、ほんの一握りの人々だけが残った。アイギーナの遺志により、来たるべき日の為に備える事にしたのだった。地球を動かすほどのパワーを持つ、このオーラスター≠ヘ、使いみちを誤れば破滅に導きかねない。それを恐れた彼らは、このオーラスター≠5つに割り、バルバの各地に隠したのだった。また、暗黒彗星が現れて真の勇者がこれを必要とした時の為に、これらの事がらを文章にして、「バルバルーク伝説」とし、それにともなう文書や石碑を各地に配したのだった。

「大いなる天より 凶星輝きし時、
影の神 この地に舞い降りる。
この地を治めし 光の神 これを迎え
その証として 2つの杖にこれを印す
されど影の神 光の神をたばかり
この地を隠す。
光の神 大いに怒りて 雷の神を遣わす。
雷の神 聖なる理力より現れ
影の神を戒めん。」
 
バルバルーク伝説

 7000年ほど前、バルバの地には新たに文明が栄えていた。
 しかし、凶星がまた現れ、古代の悲劇は繰り返されようとしている。全ては伝説のままと、人々は恐れた。
 青年考古学者ジェイソンは、伝説の意味を究明すべく、手がかりを求めて、旧遺跡を調査する事にした。そして、古代人の残した物と思われる予言書を発見したのだった。
 彼はこの地球に降りかからんとする暗黒彗星の驚異と、古代人達の功績、それにともなうオーラスター≠フ存在を知った。そのジェイソンの前に2人の老人が現れ、「我々は古代バルバ人の末裔だ。」と語った。そして彼に2つのライフオブスター≠渡し、「天より闇が来たりし時、星のかけらが集まり、光と影の挾間にそれは現れる。地の底より雷が走り、闇は消え去るであろう。」と語って、彼らはいずこともなく去って行った。………ジェイソンは、真の勇者として認められたのだ。このままでは暗黒彗星に地球は破壊されてしまう。それを救えるのはオーラスターの発動によるオーラパワーだけなのだ。地球の運命は自分自身にかかっている事をジェイソンは悟り、その5つの石を集めてオーラスター≠完成させる為に、今旅立っていった。


<2.スタートとコントローラーの使い方>

★ゲームスタート方法
 スタートボタン入力で、タイトル画面になります。スタートかパスワードをセレクトボタンで選んで下さい。

パスワードをセレクトした時は、おつげ所でのパスワードを入力する事により、前にゲームをやめた状態でゲームを再開できます。(入力方法についてはパスワード入力欄参照)


★操作方法について
コントローラーUは使用しません。
「地上マップ」、「地下エリア」、「ほこら内」、それぞれの操作法があるので注意

地上マップ
十字ボタン 上下左右移動

地下エリア
十字ボタン上入力+Aボタン ハイジャンプ
十字ボタン下入力+Aボタン アイテム取得
十字ボタン左右入力 左右移動
Aボタン ジャンプ
A+Bボタン 攻撃用アイテム使用
スタートボタン ポーズ機能

ほこら内の操作法はほこらの人物との会話≠見て下さい。


<3.遊び方 【ゲームの目的とプレイ方法】>

★ゲーム目的とプレイ方法
バルバ地方の6つの地下エリアで敵の追撃をかわしながら、宝箱のアイテムや、ほこらの人物の助言により数々の謎を解いていきます。そして予言書にあるつの石を集めてオーラスター≠完成させオーラパワー≠フ発動により暗黒彗星の魔の手より地球を救うのが目的です。

●地上マップ
ゲームはここから始まります。
扉のある所が地下エリアへの入口です。1つのエリアをクリアすると、次のエリアの扉が開きます。開いた扉にジェイソンを重ねると中に入れます。
地上マップのどこかに、おつげ所(パスワードをくれる所)があるらしい…。
地上マップにもいくつかの謎があり、その謎を解かなければ次の地下エリアには進めないでしょう。

●地下エリア
全部でエリアあります。
敵の待ち構える部屋や、隠し部屋、トラップ部屋で構成され、最後にバークの部屋をクリアして、地上マップに戻るとエリアクリアとなります。

●地下エリア画面設定
画面上部の表示はジェイソンの持ち物表示です。
敵を一定数倒すと、部屋出入口が出現し(ブザーが鳴ります)次の部屋に進む事が出来る様になります。


<3.遊び方 【敵キャラクターの倒し方と紹介】>

★敵キャラクターの倒し方
主人公ジェイソンは、一応学者サンなので武器を持っていません。古代バルバ人が隠しておいた武器を使い、敵を倒していきます。
《シューター》
基本的な武器です。各部屋のブロック内に隠されており、下からたたく事により出現。一定範囲内なら数匹の敵を倒す攻撃力があります。

ジャンプしてブロックをたたくとシューターが出現します。 それに重なりジャンプすると弾が一定距離飛び、敵を倒します。
ブロックの中には、シューターの他に隠しアイテムが入っている事があります。さがしてみて下さい。
シューターは1回使うともう使用できませんが、部屋をクリアしてまた戻ると、また使用可能になります。


●攻撃用アイテムについて
シューター以外にも効率的に敵を倒すアイテムがあります。各部屋のどこかに隠されており、ゲームを進めていくにあたり、力強い味方になるでしょう。
《シビレ薬》
古代バルバの呪術師が作ったと言われる秘薬。敵を一定時間金縛りにさせる効力がある。
(A+Bボタンで使用)
《魔封じの玉》
これを使う時、時限の挾間に敵対するものを封じ込め、破壊すると言われる。
(A+Bボタンで使用)
《バルバの至宝》
これを取った者は、全身よりオーラを発し、邪悪なものを全て倒せると言われる。
シビレ薬と魔封じの玉は、ジェイソンの状態により、ストックが可能になります。しかし、両方の併用はできず、持っている物を使い切るまで別種類の物を持てません。ストック値は、オーラスター取得ごとに、その最大値が上がっていきます。


★敵キャラクター紹介
ウランオード
ジュンルイ
ダッカイ
ワルガト
オートマシー
ズッコイ
ガト
コズンデール
ヤクタイ
スーガ


<3.遊び方 【アイテムについて】>

★アイテムについて
(十字ボタン下入力とAボタンで取得)
《メタル》
ほこらの人物とのやりとりに必要です。
敵の中にこれを持っているやつがいるので倒して手に入れましょう。最大99メタルまでジェイソンは持つ事ができます。
《鍵》
宝箱を開ける為に必要です。
これも敵の中に持っているやつがいます。
《オーラパーツ》and《オーラスター》
古代バルバ人がオーラパワー≠封じ込めたと言われる不思議な石。
1ケだけでも効力があり、5つでオーラスター≠ニなります。

●宝箱のアイテム
(宝箱は鍵がないと開きません)
《古文書》
古代バルバ人達が残した物。
重要なヒントが書かれているらしい?
しかし、ジェイソンはこれを読む事ができません。ほこらの人物の中に、これを訳す人物がいる?
《石碑》
意味ありげな物だが…?
ほこらの人物が何かを教えてくれる。
《魔法の鍵》
地上へ出る為に必要です。
《白紙の古文書》
見かけは古文書。しかし普通のやり方では、これを読んでもらう事ができません。
《黄金の像》
ほこらの中にメタルと取り引きする所があるらしい。
《オーラの神器》
全部で5種類あります。何に使うものなのか、よくわかっていません。
《ライフオブスター》
よみがえりの秘宝と言われています。これを取った数だけ、また生き返る事ができます。(部屋の出入りにより一定値まで取れます。)


★ライフオブスターと生命力の関係
ゲームスタート時のライフオブスターは2ケです。
敵にやられれば、ゲームオーバーとなってしまいます。したがって、ゲームを進めて行く為には、ライフオブスターをさがし、ストックしましょう。
初めのうちは、最大4ケまで持てます。しかし、オーラスターを取るのと比例してその効力より、持てる最大値が上がり、そのリミット値まで持てるようになります。


<3.ほこらの人物との会話>

★ほこらの人物との会話について

@:アイテムの持ち数 ケまで
A:トークウインドウ 矢印を十字ボタンで移動
B:アイテムウインドウ 矢印を十字ボタンで移動
C:人物  

ボタン:コマンド入力
ボタン:コマンドキャンセル

●会話方法
@ ほこら内で質問したい事があれば、トークウインドウの「はなす」を選択してAボタンを入力して下さい。
アイテムを持っている時は、アイテムウインドウが出るので、質問したいアイテムを選択してAボタンを入力して下さい。
A コメントエリア内に、人物の返答があるはずです。
B アイテムについて質問した時、必ずそのアイテムをどうするのか質問してくるので「はい」「いいえ」で受け答えて下さい。
C もう質問したい事がなくなった時、ほこらから出たい時は「おわる」を選択して下さい。ほこらの外に出る事ができます。

ほこらの人物は、そのキャラクターにより性格が違っています。アイテムに対しても受け答えが違うので、悪い返事が返ってきた時は別のほこらに行って質問しましょう。
ジェイソンはアイテムをつまでしか持てません。必要のなくなったアイテムは、ほこらの人物にゆずるか、売るかをして、新しいアイテムを取れるようにしましょう。
ほこらの人物の中にはメタルを要求してくるキャラクターがいます。メタルをできるだけ取ってから、ほこらに入るようにしましょう。


<4.パスワードについて>

★パスワードについて
地上マップのどこかにおつげ所があります。そこで老人が教えてくれるパスワードを入力すると、その時の状態でゲームを再開できます。

タイトル画面でパスワードをセレクトして下さい。

を十字ボタンで動かしAボタンで入力して下さい。入力ミスは← →を使って直して下さい。

パスワードを間違えて入力した場合、ゲームを再開できません。
おつげ所でパスワードをもらう時はしっかりメモを取っておいて下さい。


★コンティニューとリトライについて
ゲームオーバーになった時、コンティニューを選ぶと、そのエリアの初めから再スタートができます。
リトライを選ぶと、ゲームの一番初めに戻ります。やり直しをしたい時だけ選ぶようにしましょう。


<5.ワンポイントアドバイス>

★2人の老人からのメッセージ
その昔、我々の祖先は地下道を掘って、バルバ各地への近道としたそうじゃ。今でも残っているかのう…?
地響きとともに、道が開けるといわれているが、何の事じゃろう。
ラルの湖は、時として水の干上る所があるそうじゃ。
オーラの星は、魔物が守っているといわれておる。きおつけなされ。
ライフオブスターは、そなたの命を長らえてくれよう。見つけたら持てるだけ持っておくとよいぞ。
地下から脱出したら、おつげ所にいく事じゃ。わしらの知りあいのじじいに会い、おつげをもらえば、休息がとれるだろう。
白紙の古文書の文字は、あるアイテムを買うと、読む事ができるらしい。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る