ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


バード・ウィーク

このたびは、トエミランドのファミリーコンピュータ用カセットをお買いあげいただき、誠にありがとうございました。
ご使用の前に取扱い方、使用上の注意等、この「取扱説明書」をよくお読みいだたき、正しい使用法でご愛用ください。
なお、この「取扱説明書」は大切に保管してください。


<目次>

1.マミーちゃんのお話し
2.コントローラーの操作方法
3.遊び方
4.キャラクターの紹介
5.ちょっとだけ、アドバイス


<マミーちゃんのお話し>

ここはきらめく光のもと、さわやかな風がそよぐ野鳥の王国。その自然の中で、木や花を相手に暮らす鳥がいました。その鳥の名はマミー。マミーはやがて大きくなり、卵を生み、その卵がかえった時、はじめて自分が巣を作った場所が危険な所であることに気づいたのでした。さあ大変!マミーはびっくりしてしまいました。でもヒナ鳥たちはおなかがすくと大きな口をあけてさわぎます。「えいっ」マミーは巣から飛び出しました。そこにはマミーをやっつけようとする動物たちがまちうけています。マミーは逃まわりながらヒナ達にエサを食べさせているうちに、キノコがはえているのを見つけました。「そうだ、あのキノコでやっつけてやろう!」。マミーはキノコをぶつけて動物たちを気絶させることをおぼえました。それからというものマミーは、花たちが咲きほこっている春の日も、紅葉できれいな秋の日も、ヒナ達のエサを求めて巣から飛び出してゆくのでした。


<コントローラーの操作方法>

Uコントローラーは使用しません。
十字ボタン 親鳥(マミー)を上下左右への移動に使用します。またSTUDY GAMEでラウンド選択する時に使用します。
Aボタン キノコを落とす時に使用します。
Bボタン STUDY GAMEのスタートに使用します。
SELECTボタン GAME STARTかSTUDY GAMEかを選択します。
STARTボタン GAME STARTの時に押すと、ゲームが開始されます。STUDY GAMEの時に押すと、ラウンドを選択するモードに入ります。
また、ゲーム中に押すと、PAUSEが表示され、停止状態になります。もう一度押すと、ゲームが再開されます。


<遊び方>

ゲーム画面

ゲーム・スタート画面及びラウンド選択画面

STUDY GAMEでのラウンド選択の場合、十字ボタンを上方向に押すとラウンドが進み、下方向に押すとラウンドが戻ります。


●スタート方法
SELECTボタンで、GAME STARTか、STUDY GAMEかを選んで下さい。
GAME STARTでSTARTボタンを押すと、ラウンド1よりゲームが開始されます。
STUDY GAMEでSTARTボタンを押すと、選択画面に入り自分の好きなラウンド(1〜36)を選択して、そのラウンドのみ練習することができます。
 <選択方法>
   十字ボタンを上方向に押すと、ラウンドが進みます。
   十字ボタンを下方向に押すと、ラウンドが戻ります。
   Bボタンを押すと、選択されたラウンドで、ゲームが開始されます。


●ゲームの説明
親鳥(マミー)の残りの数が画面右上に表示されます。
親鳥が動物たちに触れて墜落した時、またヒナ鳥が昇天してしまった時は、親鳥の数が一羽減ります。
親鳥がいなくなったらゲーム・オーバー(終了)です。
なお、得点が30,000点をこえると親鳥の数が一羽増えて、HISCOREに点数が表示されます。
親鳥はヒナ鳥に虫を与えて(1面のみ3匹、以降4匹)、巣にいるヒナ鳥をすべて成長させ巣立たさせたらラウンド・クリアになり、次のラウンドへ進みます。
画面左上に数字で巣立ったヒナ鳥の数が表示されます。
3ラウンド終了ごとに、ボーナス・ラウンドがあります。一定時間のうちにトビ魚やリンゴをいっぱい取って得点を増やして下さい。
1尾(個)100点がボーナス点となります。
STUDY GAMEの場合は、そのラウンドのみの練習という事ですから、ラウンド終了と同時にゲーム・オーバーになります。


<キャラクターの紹介>

●親鳥(マミー)
主人公の親鳥。名前はマミー
危険がいっぱいの自然の中、虫をつかまえてヒナ鳥達を成長させなければなりません。キノコを唯一の武器にどんな動物にも向っていく勇気もあります。
●ヒナ鳥
名前はピンキー、パンキー、ポンキー
おなかがすくと口を大きくあけて、エサをほしがります。早くエサをあげて成長させてね。
●ワシ
名前はブルート
はじめは、ゆっくりと飛んでいるけれど、時間がたつとだんだん速くなってくるよ。
●キツツキ
名前はペッカー
ふだんは木をつついているけど、ときどきすばやく飛んで親鳥をねらう。飛ぶのが早いから気をつけようね。
●ムササビ
名前はとび丸
いつもは木を昇ったり、降りたりしています。ときどき木と木の間を飛んで白いおなかを見せます。これでなかなかの強敵ですよ。
●カンガルーネズミ
名前はピョン吉
低くジャンプしたり、高くジャンプしたりしながら親鳥をねらう。画面では可愛いがしつこくていやなやつだ。キノコを取りに行くときは注意しよう。
●ハヤブサ
名前はクイッキー
ときどき急降下して親鳥をねらう強敵だ。キノコでやっつけると、木の中からドングリが落ちてくるよ。
●ハチ(1)
名前はブン助
かなり速く飛んで、しつこく親鳥に近づいてくるので注意しよう。やっつけてもすぐに復活するいやなハチだ。
●ハチ(2)
名前はブン太
ブン助の弟です。ゆっくり左右にゆれながら親鳥をねらってくる。キノコでやっつけると木の中からドングリが落ちてくるよ。
●モグラ
名前はモール君
ときどき地上に顔を出します。すぐに地下にもぐっちゃうけれど、顔を出している時、上から頭をふんずけてやっつけよう。するとどこかにカタツムリが出てくるよ。
●キノコ
名前はマッシュ君
親鳥の唯一の武器。動物たちにぶつけると一定時間気絶させることができる。
●ドングリ
名前はコロちゃん
ハヤブサ、ハチ(2)をやっつけると木の中から落ちてきて、歩いちゃうよ。取ると親鳥は一定時間無敵になるから、じゃまな動物たちをバンバンやっつけよう。
●カタツムリ
名前はでんでん君
モグラの頭をふんずけると出てくる。取ると、動物たちと虫が一定時間停止するから、そのうちに虫を取ってヒナ鳥に与えよう。
●ムシ
ヒナ鳥に食べさせるエサ。自由きままに飛びまわります。うまく取ってね。
●トビウオ
名前はセスナ君
ボーナス・ラウンド(1)で海の中からとび出してきます。たくさんとって得点をかせごう。
●リンゴ
名前はない。リンゴと呼んで。
ボーナス・ラウンド(2)で林の木から落ちてくる。いろいろな所から落ちてくるから、これもいっぱい取ろう。


<ちょっとだけ、アドバイス>

ゲームの目的は、ヒナ鳥にエサを与えて成長させることです。
一見かんたんそうですが、実はそうはうまくいきません。というのはこのゲームに登場する動物たちは、あまりにも気まぐれな飛び方をしています。動きのパターンをよく考えて行動しなくてはいけません。初めのうちはエサをつかまえるだけで難しいと思えるかも知れませんが、それさえなれれば、あとは動物たちの動きを見て行動するだけです。
ガンバリましょう。
1〜24ラウンドは、親鳥が巣にとまっている時は動物たちにやられません。巣をうまく使おうね。
しつこく迫ってくる動物は、なるべく巣から離れた所へおびき出して、そのすきにキノコを取ったり、ヒナに虫を与えようね。
ハヤブサ、ハチ(2)はキノコをぶつけてやっつければ、得点がすごくふえるから、がんばってみよう。ヒナ鳥にエサを与えるチャンスもできるよ。
ある面をクリアーすると、アッ!と驚く可愛い何かが出てくるよ。


ヒナ鳥達を育てるのはアナタです。がんばって下さい。
GOOD LUCK!!


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る