ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


ダイナマイトボウル

このたびは、トエミランドのファミリーコンピュータ用カセット「ダイナマイト ボウル/FS−2005G(TFS-DL)」をお買いあげいただき、誠にありがとうございました。
ご使用の前に取扱い方、使用上の注意等、この「取扱説明書」をよくお読みいただき、正しい使用法でご愛用ください。
なお、この「取扱説明書」は大切に保管してください。


<目次>

1.ダイナマイト・ボウル
2.コントローラーの操作方法
3.あそび方
4.ゲームの進め方
5.TOP-5の登録
6.得点例
7.ワンポイント・アドバイス


<1.ダイナマイト・ボウル>

ファミリー・スポーツ・ゲームの決定版ボウリングをシミュレートしたスポーツ・ゲームです。ダイナマイト・ボウルでは少しずつ違う特性(レーン・コンディション)を持つ30のレーンが用意されており、そのうちの1つのレーンでゲームは行なわれます。
まず、5人の個性を持ったキャラクターの中から1人を選び、7ポンド、9ポンド、11ポンド、13ポンド、15ポンドの5種類のボールから1つを選びゲームをスタートします。
1度に最高5人でプレイする事が可能、ですから5人家族でも全員で楽しめます。
本物のボーリング場の様に3D(立体)ピンアクションがシミュレートされています。
さらに、シミュレーション・ゲームの GAME A に加えて全く新しいボウリング・ゲームルールを採用した GAME B も用意されています。

さあみんなで、300点のパーフェクトにアタックしよう。


<2.コントローラーの操作方法>

Tコントローラー
プレイヤー1、3、5の人が使用します。
Uコントローラー
プレイヤー2、4の人が使用します。
十字ボタン
タイトル画面では、プレイヤーの数1〜5人を上下で、レーン・ナンバーの1〜30番を左右で選びます。メニュー画面では、プレイヤーのキャラクターを上下で、使用するボールを左右で選びます。ゲーム画面では、アドレス・ポイントを左右で、投げ出し角度を上下でコントロールします。
SELECTボタン
GAME A 又は GAME B の選択をします。
STARTボタン
押すと次の画面へ進みます。
Aボタン
メニュー画面では、多人数プレイのメニュー設定の決定になります。ゲーム画面では、ボール・コントロール、ボール・スピードの決定になります。
Bボタン
スコア画面からゲーム画面に戻す時使用します。


<3.あそび方>

GAME A (ボウリング・モード)
通常のボウリング・ゲームをシミュレートしたモードです。選んだレーン、キャラクター、ボールでパーフェクトにチャレンジして下さい。
ルールは通常のボウリングと同じで、2回の投球(1フレーム)で、10本のピン全てをたおす事が目的です。これを10回(10フレーム)行ない得点を競います。但し10フレーム目は、2回の投球までに10本のピンを全てたおしていれば、3投目を投げることが出来ます。
スペアーをとると次の1投の得点が加えられ、ストライクだと次とその次の2投の得点が加算できます。
GAME B (ダーツ・モード)
通常のボーリングのルールを新しいルールに変えたモードです。GAME A 同様、選んだレーン、キャラクター、ボールでチャレンジして下さい。
ルールは1回の投球(1ターン)で、10本のピンをたおすのですが、たおれたピンの番号を加算して、500点ちょうどになるのに何投かかるかを競います。(当然少ない方が優秀です)
但し、得点の加算はストライク(10本のピン全てをたおす)を取った時点からスタートします。しかし、それ迄の投球数は加算されてゆきます。又、500点ちょうどにならず越えた場合には、その次のターンより500点に向け減算されます。そして再び500点以下になれば次の投球は加算になります。
多人数でプレイした場合には、500点ちょうどを達成した人が出た時点でゲーム終了となります。

各々ピン番号が得点となります。
(例:6番ピンと9番ピンと10番ピン3本のみ倒した場合は、6+9+10=25 25点となります。)


<4.ゲームの進め方>

タイトル画面
GAME A かGAME B かをSELECTボタンで選びプレイヤーの人数を十字ボタン上下で、又レーンナンバーを十字ボタン左右で決定します。設定が終了しSTARTボタンが押されるとメニュー画面に切り替ります。
メニュー画面
タイトル画面で設定したプレイヤーの人数分のキャラクターとボールを選びます。2人以上のプレイヤー設定がされている場合は、プレイヤー1、3、5はTコントローラーを、プレイヤー2、4はUコントローラーを、それぞれ操作して下さい。
まず、キャラクター選択は、十字ボタン上下で行ないます。キャラクターは全部で5種類ですが、それぞれ同じキャラクターを指定することは出来ません。
次にボール選択は十字ボタン左右で行ないます。ボールは重さ別に7ポンド、9ポンド、11ポンド、13ポンド、15ポンドと5種類用意されています。これは同じ重さのボールを選択する事が出来ます。
2人以上でプレイする場合は、Aボタンを押せば次のプレイヤーの設定に移ります。全てのプレイヤーの設定が終わりSTARTボタンを押すとゲームがスタートします。

ゲーム画面
(1) プレイ中のキャラクター
(2) アドレスレーン
(3) 残ピン表示
(4) コントロール・インジケーター
(フック・ストレート・スライスを決定させるインジケーター)
(5) 1投目〜3投目の表示
(6) アドレス・リリースの各ポイント・インジケーター
(アドレス位置、ボールの投出し角度設定のインジケーター)
(7) スピード・インジケーター
(ボールのスピード・インジケーター)

最初にアドレス位置を十字ボタンの左右で決めボールの投げ出し角度を十字ボタン上下で決めます。それぞれアドレスリリースの各ポイントのインジケーターに表示されます。
次に自動で動いているコントロール・インジケーターをAボタンで止めます。止めた位置によりフック・ストレート・スライスの球種が決定されます。(左がフック、右がスライス)
最後に、自動で動いているスピード・インジケーターをAボタンで止めます。止めた位置によりボールのスピードが決定されます。
ここまでの操作で、ボールは投げ出され、ピンをたおします。

GAME A では、1投目終了後、残ピンがあれば残ピン表示のモニターにピン番号が表示され、2投目へと移ります。全員が1フレーム終了すればスコア画面が自動的に表示されます。Bボタンでゲーム画面に戻ります。
GAME A は、10フレームの投球終了後、スコア画面に移りゲーム終了となります。
GAME B は、得点が500点ちょうどのプレイヤーが出たら、スコア画面に移りゲーム終了となります。
そして各モードともゲーム終了後はSTARTボタンを押すことによりTOP-5登録画面に移ります。


<5.TOP-5の登録>

各モードにおいて高得点となれば、TOP-5に名前と血液型を登録します。
名前の入力はアルファベット8文字まで可能です。十字ボタン左右でアルファベットを選びAボタンで決定です。Aボタンを8回押すと次の血液型の選択に移ります。
血液型は十字ボタン左右で選択しAボタンで決定して下さい。
名前、血液型の入力が終了しSTARTボタンを押せばタイトル画面に戻ります。
但し、電源OFFされた場合には、TOP-5は消去されます。


<6.得点例>

GAME A
1フレーム 1投7本、2投ミス0本
7+0=7
2フレーム 1投9本、2投スペアー
9+1+5(3フレームの1投)+7=22
3フレーム 1投5本、2投スペアー
5+5+10(4フレームの1投)+22=42
4フレーム 1投ストライク
10+9(5フレームの1投)+0(5投フレームの2投)+42=61
5フレーム 1投9本、2投ミス0本
9+0+61=70
6フレーム 1投ストライク
10+10(7フレームの1投)+7(8フレームの1投)+70=97
7フレーム 1投ストライク
10+7(8フレームの1投)+2(8投フレームの2投)+97=116
8フレーム 1投7本、2投2本
7+2+116=125
9フレーム 1投ストライク
10+10(10フレーム1投)+10(10フレーム2投)+125=155
10フレーム 1投ストライク、2投ストライク、3投ストライク
10+10+10+155=185

GAME B
    得点
1投目 9本
2投目 5本
3投目 ストライク 55
4投目 1本(10番ピン) 10+55=65
5投目 9本(5番ピン残) 50+65=115
6投目 ストライク 55+115=170
475
13投目 ストライク 55+475=530
14投目 9本(5番ピン残) −50+530=480
15投目 4本(1、3、6、10) 20+480=500


<7.ワンポイント・アドバイス>

パーフェクト・ボウラーになるためには…?
とにかく練習を重ねて、ストライクを取れるポイント、投げ出し角度、球種を探して下さい。1回ストライクを取っても同じように何回も取れるとは限りませんので、数多くのポイントを知っていないとだめだね。
30のレーンの中には、すごいレーン特性のがあるから、投げ出し角度をうまく使ってね。
自分にあったレーンを早く探し出すことも上達の早道だよ。

200点以上を出すとかわいいゴリラが君を祝福するよ。
パーフェクト(300点)を達成すると幻のレーンが登場します。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る