ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


プロ野球 ファミリースタジアム

このたびはナムコット・ゲームカセット「プロ野球ファミリースタジアム」をお求め頂きまして誠にありがとうございます。プレイの前にお読み頂きますと、より楽しく遊ぶことができます。


1.ジャパンリーグ開幕!……プロ野球の新しい歴史がはじまった!
2.操作法……キミはチームのプレーイング・マネージャー
3.ゲームのはじめ方……好きなチームを選び、先発投手を決めよう!
4.守備の方法……こんなに、すごいボールも投げられるぞ!
5.攻撃の方法……クセ球を、ねらいすましてホームラン!
6.チーム紹介……選手の特ちょうを、つかんでおこう!
7.ひとめでわかるコントローラーの使い方


ジャパン・リーグ開幕!! (プロ野球の新しい歴史がはじまった!)

 全国6000万のプロ野球ファンのみなさん、こんにちは! いよいよ新設「ピッカリ球場」において、ペナントレースの幕が切って落とされようとしております。新しく編成され、日本中の注目を集めている「ジャパンリーグ」、その記念すべき開幕戦なのです! 新登場の「ナムコスターズ」や、より強力なチームになった連合チームなど、多くの活躍が期待されています。
 さあ、マウンド上の“ぴぴ”、振りかぶって第1球、投げました!


操作法 (キミはチームのプレーイング・マネージャー!)

■コントローラーの使い方
このゲームでは、投げる・打つ・走る・守るという動作を、すべてコントローラーで操作します。くわしい使い方は、以降でわかりやすく説明してあります。
十字ボタン 選手の移動、塁指定、球種や交代選手の選択などに使います。
Aボタン バッティング、ピッチング、送球、帰塁などに使います。
Bボタン 走塁、タッチプレー、けんせい球のモード切替などに使います。
スタートボタン ゲームのスタート、タイムの宣告に使います。
セレクトボタン プレイモード(1P・2P・ウォッチ)の選択に使います。


■画面表示
ピッチャーとバッターの勝負は、でっかいモードの画面でおこなわれます。画面には、下の ような表示がでています。
バッターがボールを打ったり、ランナーが盗塁したりすると、画面はちっちゃいモードにかわります。守備もこの画面で行ないます。


ゲームのはじめ方 (好きなチームを選び、先発投手を決めよう!)

■モードを選ぶ
セレクトボタン → スタートボタン
セレクトボタンで、1人用(対コンピュータ戦)・2人用・ウォッチ(観戦)を決め、スタートボタンを押して下さい。


■チームを決める
 → Aボタン

【1人用】
十字ボタンで自軍を選びAボタンで決定します。つぎにAボタンを押すと右のチームから対戦していきます。継続してプレイするときは、十字ボタンでパスワードを入力してAボタンです。

【2人用】
コントローラーはTは先攻、Uは後攻です。1人用のやり方でチームを選んで下さい。

【ウォッチ】
コントローラーTで、先攻チームと後攻チームを選んで下さい。


■先発ピッチャーを決める
 → Aボタン

チームを決めたら、つぎは先発ピッチャーを決めます。十字ボタンで選んで、Aボタンで決定して下さい。上から2人が先発型、あとの2人はリリーフ型です。



◆選手交代
■選手の交代
タイム → Aボタン →  → Aボタン

【リリーフ】
リリーフは、まずタイムをかけて守備側のコントローラーのAボタンを押します。右のような表示が出たら、十字ボタンでピッチャーを選び、Aボタンで決定します。

【代打】
ピンチヒッターは、タイムをかけて攻撃側のAボタンを押して下さい。右の表示が出たら、リリーフと同じように十字ボタンで打者を選び、Aボタンで決定します。



◆ルール
1人用は、9球団全部に勝つと優勝です。
1人用でゲームに勝つと、ナムコットスポーツにパスワードがのります。このパスワードをひかえておくと、継続してプレイすることができます。
2人用は、ライバルと3連戦を戦います。1戦終るたびに試合の結果がナムコットスポーツに報道されます。つぎの試合に進むときは、スタートボタンを押して下さい。
先発型のピッチャーは、登板するとつぎの試合には登板できません。投手のローテーションも、監督のキミのさい配にかかっています。
途中の回でも、点差が10点以上あるとコールドゲームになります。
実際の野球のルールにできるだけ合わせてあります。


守備の方法/ピッチング (こんなにすごいボールも投げられるぞ!)

ピッチングは、コントローラーの操作で、いろいろなボールを投げわけることができます。

■ピッチャーの位置
まず、十字ボタンでピッチャーの投げる位置を決めて下さい。

■投球とスピード
 + Aボタン
Aボタンを押すと投球動作に入りますが、このとき十字ボタンを上に押しておくとフォークかチェンジアップ、下にすると速球が投げられます。

■コース
ボールを投げる瞬間 → 
ボールを投げる瞬間、十字ボタンを左か右に押すと、インコース・アウトコースを投げわけることができます。

■カーブとシュート
ボールが離れてから → 
ボールが手から離れてから、十字ボタンを左か右に押すと、ボールがカーブしたり、シュートしたりします。ただし、ピッチャーにより変化にちがいがあります。


◆十字ボタンで塁を指定しよう! (鉄壁の守りが、キミを勝利へとみちびく!)
守りの上手下手が、このゲームの勝負のカギになります!

■捕球
で内野手・外野手をコントロール
ゴロやフライは、十字ボタンで野手をコントロールして取って下さい。ただし、4人は塁カバーに入ります。

■送球
 + Aボタン
送球するときは、十字ボタンで塁を指定してからAボタンを押して下さい。十字ボタンを押していないと1塁に投げます。

塁をとび出した敵を、タッチしてアウトにするときなどに使えます。

■塁タッチ
 + Bボタン
ボールを取って、十字ボタンで塁を指定してBボタンを押すと、指定された塁に向って野手が走り出します。

■けんせい球
Bボタン →  + Aボタン
ピッチャーがけんせい球を投げるときは、まずBボタンを押しちっちゃいモードにしてから、塁を指定して投げて下さい。


攻撃の方法 (クセ球を、ねらいすましてホームラン!)

■バッティング
 と Aボタン
十字ボタンでバッターの位置を移動できます。Aボタンを押すとバットを振ります。また途中で、Aボタンをはなすとバントすることもできます。

■進塁
 + Bボタン
塁上のランナーを、つぎの塁に進めるには、十字ボタンで進めたい塁を指定してBボタンです。
<盗塁>
このテクニックを応用すると、敵のスキをついて盗塁することができます。
<タッチアップ>
外野フライを取られた瞬間、3塁ランナーを本塁につっこませることもできます。

■帰塁
 + Aボタン
ランナーは、ボールを打った瞬間、つぎの塁へ自動的に進みます。ランナーをもどしたいときは、もどす塁を十字ボタンで指定しながらAボタンです。ただし、つぎの塁を踏んでしまうと、前の塁にはもどれませんよ。


チーム紹介 (選手の特ちょうを、つかんでおこう!)

ジャパンリーグの全10球団を紹介。キミはどのチームにするのかな?
ガイアンツ
投打のバランスがとれた好チーム。エース“えがわ”と、主砲“たつのり”の活躍がカギだ!
ライオネルズ
速球派と技巧派をおりまぜた投手陣が絶品。“きよはら”の入団で人気も急上昇の実力チーム。
レールウェイズ
リーグ中で最もパワーのある打線が売りもの。優勝候補No.1の、関西の鉄道連合チームだ!
カーズ
“きたへふ”をエースに、強力な投手陣をかかえる。機動力をいかして、せり合いに強い。
タイタンズ
上位打線のすさまじい破壊力で他チーム投手陣をふるえあがらせる。“ばあす”の三冠王なるか。
フーズフーズ
“おちあい”を中心とする打力のチーム。関東の食品連合チームは、投手の使い方がカギだ。
ホイールズ
スポーツカートリオを使い、走って走って走りまくる機動力野球で、相手のミスにつけこもう。
ドラサンズ
安定した投手陣で、相手チームの打線を封じよう。打線が弱いので確実にチャンスをいかせ!
スパローズ
総合力では他チームにやや劣るものの、エース“たかの”とリリーフ“やすだ”で守り切れ。
ナムコスターズ
ゲームの世界から、プロ野球にチャレンジした異色のチーム。はたしてその戦力やいかに?



◆これがナムコスターズの強力打線だ!
秘密のベールに包まれたナムコスターズ。その魅力あふれる選手たち。監督はもちろんあなたです。
まっぴ レフト 球場せましと走り回る俊足バッター。
ばろん セカンド 小回りのきく、デビューしたてのホープ。
ふあいか サード ベテランだが、バッティングは健在だ。
ぱっく センター ナムコスターズ、不動の4番打者だ。
にゃむこ キャッチャー 親分はだの人気者。ノロイのが欠点。
ぎる ショート チーム1のハンサムで人気もNo.1。
いんで ファースト 頭脳プレーができる、将来の監督候補。
らりいX ライト 内野ゴロでもヒットにできる足をもつ。

投手や代打も、なじみのあるメンバーが勢ぞろい。ちなみに“ぴぴ”というのはポール・ポジションの略です。
代打 ぷうか 足の遅さで代打となっているが、打力はあるぞ。
ぴの リーグで1番の快速。レギュラーでも充分だ。
とふかふ “意外性のとふかふ”と異名をとる技巧派。
へろへろ ちょっと地味だが、根性だったら負けないよ。
投手 ぴぴ 800馬力を駆使するナムコスターズのエース!
せひうす フォークを武器とする不思議な魅力の投手だ。
ぼすこ アンダースローからくり出す変化球で勝負。
きゃらか ばつぐんの変化球でバッターをきりきり舞い!


ひとめでわかるコントローラーの使い方

攻撃 バッティング 十字ボタンで位置を移動・Aボタン
バント Aボタンを途中でとめる
進塁 十字ボタン(進塁する塁指定)+Bボタン
帰塁 十字ボタン(帰塁する塁指定)+Aボタン
守備 捕球 十字ボタンで野手を移動(4人は塁カバー)
送球 十字ボタン(送球する塁指定)+Aボタン
塁タッチ 捕球後、十字ボタン(塁タッチする塁指定)+Bボタン
けんせい球 Bボタン→十字ボタン(送球する塁指定)+Aボタン
ピッチング セットポジション 十字ボタンの左右で位置を移動
投球とスピード 十字ボタンの上下+Aボタン
コース ボールを投げる瞬間 十字ボタンの左右
カーブ・シュート ボールが手から離れてから十字ボタンの左右


◆ゲームをもっと楽しむために
1人用で、コンピュータと対戦するのも、もちろんおもしろいですが、ともだちを集めて大勢でワイワイにぎやかにやると、もっともっとおもしろいですよ!
ともだちといっしょに、10チームのリーグ戦をやりましょう。たとえば、1チームあたり、135試合(9チーム×15試合)を戦えば、本格的なペナントレースがくりひろげられます。
抽選で組み合わせを決めて、甲子園大会のように勝抜きトーナメントをやってみるのもいいですね。
試合後に出るスコア表を記録して、打率、ホームラン、打点、盗塁や防御率、三振奪取数などを競うとさらに盛り上がります。


 日本で最も人気のあるスポーツといえばもちろん野球です。野球のゲームもたくさんあって、シュミレーションのボードゲームやアクション野球盤などなど。それぞれ良さはありますが、両方合わせるともっと楽しいものが、と生まれたのがこの「プロ野球ファミリースタジアム」。実戦さながらに投げて打って考えて。とにかく究極の野球ゲームです。
 なお、ゲームに登場する球団名・選手名はすべてフィクションであり、実在の球団・選手とは何ら関係はありませんので御了承下さい。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る