ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


ハイパーオリンピック

このたびはコナミの“ハイパーオリンピック”をお求めいただきまして、誠にありがとうございます。プレイされる前に、この説明書をお読みいただきますと、一層楽しく遊べます。正しい方法でご愛用ください。


<目次>

1.ハイパーショットの接続方法
2.コントローラーの使用法
3.遊び方
4.かくれキャラクター
5.必殺ハイパーテクニック


世界中をハイパー旋風に巻き込んだハイパーオリンピック。元気にオリンピックしよう。世界記録も夢じゃありません。

(100m競走)(走り幅跳び) (110mハードル)(ヤリ投げ)


<1.ハイパーショットの接続方法>

別売ハイパーショットでのみゲームをすることが可能です。
コントローラーはレベル選択、ゲームスタート、ポーズのときだけ使用できます。
ファミリーコンピュータ本体の外部コネクターに不必要なものは、差し込まないでください。

ハイパーショットの接続CONNECTORを、ファミリーコンピュータ本体前面のEXPAND CONNECTORに挿入してください。


<2.コントローラーの使用法>

コントローラー
 ハイパーショット使用時
※Tコントローラーを使用します。
十字ボタン 使用しません。
Aボタン 使用しません。
Bボタン 使用しません。

コントローラーとレベルの選択
SELECTボタンを押すごとにタイトル画面の印が移動しますので、1人用A、B又は2人用A、Bを選択してください。
AよりBの方がQUALIFY(合格基準点)が高いところから始まります。
ハイパーショットのJUMPボタンでもレベルセレクトできます。
ゲームがスタートすると、SELECTボタンは働きません。

ゲームスタート
STARTボタンを押すと、SELECTボタンでセットしたゲームが始まります。
ハイパーショットでもRUNボタンを押すと、ゲームスタートできます。

ポーズ機能
ゲーム途中でSTARTボタンを押すと、チャイムが鳴り、ゲームがストップします。画面上に“PAUSE”と表示されます。ゲームを再開する時は、もう一度STARTボタンを押してください。
リセットボタンを押しても最高得点(HI−SCORE)、世界記録(WORLD RECORD)は消えません。


<3.遊び方>

(1) 100mDASH(100m競走)
(2) LONG JUMP(走り幅跳び)
(3) 110mHURDLES(110mハードル)
(4) JAVELIN THROW(ヤリ投げ)
1PLAYER(1人用)の場合、CPU(コンピュータ)が対戦相手です。
2PLAYERS(2人用)のときは、1upと2upとで競います。
1P2P

【ルール】
@プレイヤー1 D世界記録 Hプレイヤー1の得点 L角度表示
Aプレイヤー2E合格基準 Iプレイヤー2の得点 
Bスピード表示F時間表示 Jフライング表示 
C種目表示G最高得点 K記録表示 


(1) 100mDASH(100m競走)
ジャンプボタンは使用しません。スタート合図でRUNボタンをたたいて、選手を走らせます。スタート合図より早くスタートするとフライングを取られます。フライングを3回してしまうとゲームオーバーです。スタートしたら、ひたすらRUNボタンをたたいて記録に挑戦してください。QUALIFY(合格基準点)を越えることができれば次の競技に進めます。クオリファイを越えていれば勝敗に関係なく次に進めます。基準点に満たない場合ゲーム終了です。


(2) LONG JUMP(走り幅跳び)
RUNボタンをたたいて助走に入ります。RUNボタンをひたすらたたいてスピードをつけ、踏み切り線でJUMPボタンを押すと、選手が跳びます。3回挑戦することができます。1回でもクオリファイを越すことができたら次の競技に進めます。踏み切り線を出てしまうと、FOULです。3回、FOULするとゲーム終了です。CPUはプレイしません。


(3) 110mHURDLES(110mハードル)
スタート合図でRUNボタンをたたいて選手を走らせます。100m競走と同じ方法です。ハードルの手前でタイミングよくJUMPボタンを押し、跳び越えてください。この繰り返しを上手に行い、ゴールします。クオリファイを越えられないとゲームオーバーになります。1人用の対戦相手はCPUです。2人用の場合、クオリファイを越えた方だけ次のゲームに進めます。


(4) JAVELIN THROW(ヤリ投げ)
走り幅跳びの時とゲーム方法は同じです。RUNボタンで助走しのラインを越えないようにタイミングよくJUMPボタンを押し、ヤリを投げます。


<4.かくれキャラクター>

通常は出てこないユニークなキャラクターです。

ひょうきんブタ/(ボーナス3,000点)
100m競走と110mハードルに、かくれています。1upとCPU又は2upが同タイムでゴールした時、画面右はしより登場。ただし、クオリファイを越えている場合のみ。
UFO/(ボーナス3,000点)
ヤリ投げに、かくれています。スピードが、ある一定以上になり、投げる角度を大きくすると、ヤリが天井をこえ、空中のUFOに当り、落ちてきます。FOULすると出てきません。
モグラ/(ボーナス3,000点)
走り幅跳びに、かくれています。10m00、6m66、7m77、8m88、9m99の時などに砂の中からモコモコ出てきます。


<5.必殺ハイパーテクニック>

その1 RUNボタンは、早くたたけば、たたくほどスピードアップします。机をたたいて、練習するのだ。
その2 走り幅跳び、ヤリ投げは、ジャンプボタンを押す時間で角度がきまります。45°がベストなのです。
その3 走り幅跳び、ヤリ投げでもう1つ。踏み切り線から、出ないようギリギリの所でジャンプボタンを押すこと。
その4 110mハードルでは、スピードも必要だけど、できるだけハードルの近くでジャンプすることが大切だ。


ハイパーチャレンジ WORLD RECORD(まめ知識)
ただクオリファイを越えるだけというのに満足できない、ハイパーな君。世界記録にチャレンジしてみよう。君の記録がワールドレコードになる。
   記録選手場所日時
100mDASH 9秒93C.スミス(米) コロラド・スプリングス(米)1983・ 7 ・ 3
10秒79E.アシュフォード(米) コロラド・スプリングス(米)1983・ 7 ・ 3
110mHURDLES 12秒93R.ネーミア(米) チューリッヒ(スイス)1981・ 8 ・19
110mはなし
LONG JUMP 8m90R.ビーモン(米) メキシコシティ1968・10・18
7m43A.クスミル(ルーマニア) ブカレスト(ルーマニア)1983・ 6 ・ 4
JAVELIN THROW 99m72T.A.ペトラノフ(米) ロサンゼルス(米)1983・ 5 ・15
74m76K.リラク(フィンランド) タンペレ(フィンランド)1983・ 6 ・13

上記の記録は、1983年8月15日現在の国際陸上競技連盟(IAAF)の公認記録です。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る