ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


ルナーボール

ご使用の前に取扱い方、使用上の注意等、この「取扱説明書」をよくお読み いただき、正しい使用法でご愛用下さい。なお、この「取扱説明書」は大切に保管下さい。


<コントローラー各部の操作の説明>

●1−PLAYERの場合はTコントローラーを使用して下さい。
●2−PLAYERの場合はT、Uコントローラーを使用して下さい。

十字ボタン:上 ターゲットカーソルが延びます。
十字ボタン:右 ターゲットカーソルが右回りに回転します。
十字ボタン:下 ターゲットカーソルが縮みます。
十字ボタン:左 ターゲットカーソルが左回りに回転します。
Aボタン 玉をSHOTします。
Bボタン

 タイトル画面でSTARTボタンを押すと、ゲームの選択モードが出てきます。

 この画面ではゲームの種類を選びます。一人プレイ、二人プレイ、対コンピュータのモードがありますのでSELECTボタンで選んで下さい。

又、選択モードで十字ボタン上下のキーを押すと始めるROUNDを選択できます。
そして十字ボタン左右のキーを押すと摩擦係数(FRICTION)を変更できます。摩擦係数は00〜255まであり値が小さい程ボールが良く転がります。(摩擦係数の標準は32、そして00の時はボールは全く止まりません。)


<用語集>

白球 プレイヤーが直接打つ球
的球 番号の付いている球、これを落とすのが目的
持球 プレイヤーの持つ白球の数、ゲーム画面ではBallで表示されています。
SHOT 白球を打つこと。3回連続SHOTして的球を落とせないと持玉が一つ減ります。ゲームの画面上では青色で点滅しています。
レート 倍率の事です。的球を連続的に落とすとレートは上がります。
摩擦係数
(FRICTION)
玉の転がり具合の事です。値が小さい程玉は良く転がります。


<遊び方>

@ このゲームの目的は、様々な盤上にある的球をポケットに落とす事です。盤の種類は30種で初期球の配置がそれぞれに2通りあるので計60面あります。
A 摩擦係数を変える事により、さながら無重力状態や砂漠でビリヤードをしている気分でゲームが楽しめます。

●ルール
盤面にあるどの球から落としていってもかまいません。
持玉は3コでスタートします。白球を落とすか、3回連続玉を落とせないと持玉を1つ失います。一つの面をクリアすると持玉は1つ増え一回も失敗せず面をクリア(パーフェクトゲーム)するとさらに一つ増えます。
白球が落ちた場合は、打つ前の状態から再プレイです。
2人プレイ、対コンピュータモードではそれぞれが失敗する度に相手の手番となります。
プレイヤーの持玉がなくなった時点で、ゲームオーバーです。
的玉を落とすと(レート)×玉の番号×10点が得点となり、レートが1つ上がります。(※白球が落ちた場合は、的球が落ちても得点にはなりません。)
一つのショットで2コ以上の的球を一度に落とすとレートはさらに上がります。ただし、失敗があるとレートは1にもどります。
レートが20、25、30、35以上になると持玉が1つ増えます。


<主だった面の紹介>




おにゃんこTOWN

あっ、たいへん!またまた、やんちゃな子ネコのマイケルくんが1人で家をぬけだしちゃったぞ。早く家につれもどさなきゃ。マイケルは街の探検が大好きだから、一度家から出るとどこにいるかわからない。おまけに、街の中には、いじわるな犬や自動車などの危険がいっぱい。いじわるDOGをマンホールに落っことし、魚屋のさかなをとってパワーアップ。早くマイケルを見つけ出して、家へつれて帰ろう。

¥4,900好評発売中!


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る