ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


マインドシーカー

 このたびはナムコットの超能力開発ソフト「マインドシーカー」をお求めいただきまして、まことにありがとうございます。
 より深い興味と理解をいただくために、プレイの前にはこの取扱説明書をお読み下さい。


1.超能力への招待
2.操作法
 1)ソフトの内容
 2)プレイの始め方/コントローラーの使い方
 3)基本画面とプレイのすすめ方
 4)サブコマンド
 5)基本トレーニング
 6)データの見方
 7)ゲームモード
3.超能力をもっと知りたい人へ
 1)超能力とは?
 2)サイキック・パワーのすべて
 2)超能力へのアプローチ
 4)トレーニングのための心がまえ


<1.超能力への招待>

超能力――――あなたはこの言葉に
どんな印象をお持ちでしょうか?
すでに現代では、超能力に関して
様々な情報があふれています
あとはそう、あなたがそれを信じるか
信じないか…………

私たちはこう考えます

超能力とは
誰もがそなえている潜在的な力である
ただ、その使い方を知らないだけなのだと
超能力を発揮するには
意識を特定の状態にしなければならない
そう考えられています
しかし、一般の人たちに
それがどのような意識レベルであるのか
理解するのは困難です
そこでこのソフトでは、超能力について
カリキュラムを受けてもらい
超能力を何度もシミュレートするという
システムを用いました
そうすることで超能力が働くときの
意識を感じられるようにするのです
自在に自分のマインド(意識)を
コントロールできるようになったとき
あなたの前には
無限の可能性が開けることでしょう


<2.操作法 【1.ソフトの内容】>

 超能力とは決して特別なものではない、誰もがもっていながらそれに気付いていないだけだ
――以上の前提に立って、その力を開発してみようというのが、このソフトの大きな目的です。
 クリアを目指す一般のゲームソフトと違い、プレイそのものに意味があるのです。
 プレイ内容は前半のトレーニングモード、後半のゲームモードに分けられて進みます。

■トレーニングモード
 超能力開発センターを舞台に、超能力に関するカリキュラムや基本トレーニングを積んでゆきます。
 超能力の基礎とされるリラクゼーション(精神をリラックスさせる訓練)をはじめとし、透視・念力・予知といった超能力について、段階をおってトレーニングを進めて下さい。

 ひととおりのカリキュラムをこなすと、後は自由にトレーニングを選べますから、繰り返し練習するようにしましょう。
 卒業検定試験に合格すると、ゲームモードに進めます。

■ゲームモード
 超能力開発センターを出て、さまざまなイベントにチャレンジするモードです。
 イベントに成功するとポイントがもらえ、それを一定数ためるとレベルが上がります。レベルが上がるにつれて超能力についてのいろいろな情報が聞け、新しいイベントも増えて、最終的にはエンディング・イベントに挑戦することになります。


<2.操作法 【2.プレイの始め方】>

 スタートボタンを押すとスタート画面が表示されます。カーソルを十字ボタンで動かし、Aボタンで項目を決定して下さい。

■NEW GAME
〔プレイヤー〕
名前を決めます。十字ボタンで文字を選びAボタンで入力、訂正は"もどる"を選んで文字を入れ直します。入力がすんたら"おわる"を選んで下さい。
〔メッセージスピード〕
メッセージの表示速度を決めます。数字が小さいほど、速く表示します。
〔とうろくしゅうりょう〕
以上の項目を入力したら、これを選ぶとプレイ開始です。

■CONTINUE
 プレイ中にセーブしておけばその続きから始められます。
 セーブは自室でコンピュータをFEELしサブコマンドの"きろく"を使って下さい。

■MESSAGE SP
 コンティニューでゲームを始める際、メッセージの速さを変えられます。


■コントローラーの使い方
詳しくは下記「基本画面とプレイのすすめ方」「サブコマンド」「基本トレーニング」「ゲームモード」をお読み下さい。
十字ボタン コマンドの選択、カーソルの移動、ゲームモードでの移動先の選択。
Aボタン コマンド・カーソルの決定、メッセージの送り、超能力などに使います。
Bボタン コマンド等のキャンセル、メッセージの送りに使用。
スタートボタン  


<2.操作法 【3.基本画面とプレイのすすめ方】>

トレーニングモードは、超能力開発センターでカリキュラムを受ける形で進行してゆきます。

パラメータウインド  卒業検定のときの点数、ゲームモードでのレベルやポイント数を表示します。
メッセージウインド  会話や状況の表示。が出たときは、AボタンかBボタンで送ります。
サブコマンドウインド  そのときの状況により表示されます。詳しくは下記「サブコマンド」で。
サイマーク  左から透視・念力・予知を示し、これから使う超能力が赤く点滅します。
コマンド
〔FEEL〕(感じる)
 画面にカーソルが出るので、反応がありそうなところへ十字ボタンで移動させ、Aボタンを押して下さい。
〔EXIT〕(出口)
 別の場所への移動

■プレイのすすめ方
@ プレイはコマンド入力で行います。コマンドには"FEEL"と"EXIT"があり、十字ボタンで選び(赤く光ります)、Aボタンで決定します。解除はBボタンです。
A 状況の応じて、さらにサブコマンドが表示されます。同様に十字ボタンで選び、Aボタンで指示を出して下さい。
B トレーニングモードは講義を受けたり、トレーニングすること自体を目的としています。ですからガイド役の指示にしたがったり、コンピュータをFEELし"じょうほう"を聞いてゆけば、誰でも無理なくプレイを進められます。


<2.操作法 【4.サブコマンド】>

 トレーニングモードでは画面内のコンピュータをFEELするとサブコマンドが表示されます。

●じょうほう (情報)
 コンピュータの指示を聞きます。

●きろく (記録)
セーブ  プレイを中断するときにセーブしておけば、次のプレイでその続きから始められます。
データ  その時点までのトレーニングの成績を見ることができます。詳しくは下記「データの見方」で。

●めいそう (瞑想)
 リラクゼーションのひとつで、意識のバイブレーションを上げる訓練です。

●けんてい (検定)
 卒業検定試験を受けます。

●トレーニング
 透視・念力・予知の基本トレーニングを行います。ひととおりのカリキュラムを受けた後は、"セット"を選ぶと、3つ続けて5回ずつ行うことができます。詳しくは下記「基本トレーニング」で。

●トリップ
 リラクゼーションの姿勢・呼吸、そしてイメージの、訓練を行います。


<2.操作法 【5.基本トレーニング】>

 ひととおりのカリキュラムをこなすと、サブコマンドの"トレーニング"でいつでも基本トレーニングが行えます。

■操作法
 始めるときは十字ボタンでカーソルを"1P"に合わせ、Aボタンを押して下さい。やめるときは"END"を選んでAボタンです。
HIT 適中した回数です。
Per. 適中した確率です。透視・予知は200(2割)、念力は500(5割)が平均的な成績です。

 また、"2P"を選ぶと2人でトレーニング結果を競うこともできます。1P側の人はコントローラーT、2P側の人はコントローラーUを使い、2人で同時に進めて下さい。

 超能力が成功したとき、自分の意識はどんな状態なのか、その点に注意してトレーニングを進めましょう。


●透視
 裏にふせたカードの種類を、透視で適中させます。十字ボタンでカードを選び、Aボタンで決定して下さい。

●念力
 赤いランプが点灯するよう、心の中で念じながらAボタンを押します。

●予知
 どの位置にランプがつくか、予知して下さい。十字ボタンで選び、Aボタンで決定します。


<2.操作法 【6.データの見方】>

 自室のコンピュータで、サブコマンドの"データ"を選ぶと、トレーニングの成績が表示されます。
 最初はグラフ表示、Aボタンを押すと一覧表になります。

■グラフ表示
@ 最新5回分の結果による傾向(このデータはセーブされません)。+に寄っているほど、超能力が働いているといえます。
A トレーニングの通算結果の分布を、棒グラフによって示したものです。
−側の面積より、+側の面積の方が広ければ、それだけ超能力が働いているといえます。

■一覧表
 各項目の意味は次のようになっています。
トライスウ (トライ数) トレーニングの回数です。
+シコウスウ (+指向数) トライ数のうち、平均値を越えた回数です。
−シコウスウ (−指向数) トライ数のうち、平均値を下回った回数。
ヘイキンチ (平均値) プレイヤーの成績による平均。トレーニングを行うとき表示される平均値ではありませんから、混同しないよう注意して下さい。
サイダイチ (最大値) プレイヤーの成績で、最も高かった値。
サイショウチ (最少値) プレイヤーの成績で、最も低かった値。


<2.操作法 【7.ゲームモード】>

 卒業検定に合格すると、超能力開発センターを出て、街のいろいろな場所で超能力を使ったイベントにチャレンジすることができるようになります。

■ゲームモードのすすめ方
@ まず自室でEXITを選び、サブコマンドの"マップ"を使って下さい。するとマップ画面に切り換るので、十字ボタンで行く先を選び(色付きで表示される場所)、Aボタンで決定します。

A 移動先では反応のありそうな物や人をFEELして、イベントにチャレンジしましょう。成功するとポイント(PSI)がもらえ、それが一定数たまると、レベルが上がってゆきます。
レベルが上がるにつれてイベントも増え、超能力に関する知識も得られます。


●エンディング 〜 マインドワールドへの道
レベルが∞(無限大)になると、新たな場所へ行けるようになり、そこで最終イベントにチャレンジできます。トレーニングの成果を存分に発揮して下さい。


<2.超能力をもっと知りたい人へ 【1.超能力とは?】>

私たちは日常生活で、いろいろな事を考えたり感じたりします。これはみな、意識というものを働かせているからです。
しかし普段はまったく感じることのできない意識も存在します。これが無意識であり、超能力とはこの無意識から発揮される力ではないかといわれています。
超能力は誰でも持っているのだと考えられる理由も、ここにあるのです。

では具体的に、無意識とはどういう精神状態なのでしょう?
超能力者とされる人たちの脳波を調べた結果、超能力を使っている最中は、"アルファ波"という脳波が流れていることがわかりました。
これは人が非常にリラックスしているときの脳波で、この辺りに無意識と超能力の関連を見出すことができます。


<2.超能力をもっと知りたい人へ 【2.サイキック・パワーのすべて】>

 超能力は学問上"超心理学"という分野に属し、以下のように解釈されています。

■E.S.P./超感覚的知覚
 五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)以外の感覚で、物事を認知すること。透視・テレパシー・予知・後知・皮膚視覚などがあります。エスパーという言葉も、これに由来しています。
Clairvoyance/透視 普通の方法を使わずに、物を見たり知ったりすること。
Telepathy/テレパシー 他の人が考えている内容を、言葉、表情などに頼らずに知ること。
Precognition/予知 知識を基に予測できない未来のできごとを、直感的に知ること。
Retrocognition/後知 何の知識も持たない過去のできごとを、直感的に知ること。
Psychometry/皮膚視覚 物体に触ったりすることで、その物の過去・現在・未来を読みとること。

■Psychokinesis/念力
通常の手段を使わず、精神の力で直接物体に影響を与えること。通称"PK"。


<2.超能力をもっと知りたい人へ 【3.超能力へのアプローチ】>

 日本で超能力が広く知られるようになったのは、やはり1974年のユリ・ゲラー来日によるところが大きいでしょう。"スプーン曲げ"をはじめとした超能力の数々は実に新鮮な驚きであり、真偽をめぐる論争や、超能力少年少女の登場が拍車をかける形で、日本中がブームに沸きかえったのです。
 海外でも超能力に対する関心は深く、マスコミレベルでしか話題にならない日本と違って、アメリカやソ連など諸外国では、国家レベルでの研究が盛んだといわれています。
 さて日本に話を戻すと、ブーム沈静後もテレビや雑誌さらにはSFアニメや映画等で、相変わらず情報だけは流れているといった具合です。ところがここへきて、マインドという分野にたいへん関心が集まってきているのです。これは現代のようなストレス社会で、精神をリラックスさせるということがさらに重要性を増してきたのだと考えられます。
 超能力とまではいきませんが、精神世界と私たちの関係は確実に密接なものになってゆく、そんな気がします。


<2.超能力をもっと知りたい人へ 【4.トレーニングのための心がまえ】>

■信じる
 まず、自分には隠された力があるのだ、そう信じて下さい。意識のずっと奥底に眠っている力があると信じること、そこからすべてが始まります。

■リラックスする――リラクゼーション
 超能力を発揮するには、気持ちがリラックスしていることが大切です。心を無にするとか、そんな難しいことは必要ありません。精神的に落ちついていられれば、それで充分です。姿勢・呼吸法・瞑想の仕方をソフトで学び、うまくリラックスできるようになって下さい。

■ビジュアル化する――イメージング
 ものを考えるとき、言葉ではなくビジュアル(映像)でとらえて下さい。これもソフトで学べますが、日常生活でも「自分は次にこうするんだ」というイメージを頭の中に思い浮かべてから行動するように、習慣づけるとよいでしょう。


すでに何度も言ってきたことですが
最後にもう一度だけ言っておきましょう
超能力とは決して選ばれた人だけが持つ
特殊なものではありません
あなた方の誰もが
潜在的に持っている力なのです
意識の扉が開放されたとき
あなたは、きっと………………


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る