ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


燃えプロ! '90
感動編

このたびはジャレコ・ファミリーコンピュータ用カセット「燃えプロ!'90感動編」をお買上げいただきまして誠にありがとうございます。「燃えプロ!'90感動編」を楽しくプレイしていただく為にご使用前にこの取扱説明書をよくお読みいただき、正しい使用方法でご愛用ください。

ゲームに登場する球団名・選手名はすべてフィクションであり、実在の球団・選手とは何ら関係はありませんのでご了承下さい。


<もくじ>

モード画面の説明@
モード画面の説明A
コントローラー説明
攻撃時のコントロール
守備時のコントロール
採点モード
チーム選択
球場セレクト


<モード画面の説明@>

カセットをセットし電源を入れるとタイトル画面が出ます。1プレイ・2プレイ・WATCH・EDITを十字ボタンの左右で選び、スタートボタン又は、Aボタンで決定します。

●1プレイ(コンピュータ対戦)を選んだ人は。
@ 十字ボタンの上下・左右で好きなチームを選びAボタンで決定、次にCOM(対戦チーム)を同じ要領で選んで下さい。
A 十字ボタンの左右で球場を選びAボタンで決定。
B オーダーセレクト後READYにカーソルを合わせAボタンで試合開始です。

1P(コンピュータ対戦)で試合に勝つとプレイヤーの実力をコンピュータが診断、試合終了時に点数となって表示されます。(採点モードの項参照)敗けた場合ゲームオーバーとなり点数も表示されません。また始める場合@〜Bの動作を繰りかえして下さい。

メンバーチェンジ(選手変更):
十字ボタンの上下でを指定しAボタン。もう1つので変更する選手を指定Aボタン決定。

オーダーチェンジ(打順変更):
選手@をで指定しAボタン、同様に選手Aを指定しAボタンで、@とAが入れ変わり、この繰りかえしで打順を変更します。


●2プレイ(2人で試合をする、対戦モード)
@ 十字ボタンの上下・左右で自分のチームを各自選びAボタンで決定。(同じチームを撰択することも可能です。)1P側が球場を選び以下は1プレイと同じ要領で試合開始です。


<モード画面の説明A>

●WATCH(コンピュータ同士の対戦)
@ 1Pコントローラーで対戦させたいチームを十字ボタンの上下・左右で順に選びAボタンで決定します。オーダーセレクトは、1プレイと同じ要領で行なって下さい。試合開始後は、実際のTV中継を見ている感覚で自分の好きなチームを応援したり、1プレイの時のための研究をしたり楽しんで下さい。

●EDIT(オリジナルチーム)
@ 十字ボタン上下でを変更したい選手に合わせてAボタンで決定します。
A 画面右上に名前が表示され、ここで変更を行います。十字ボタンの左右でを変えたい文字・数字に合わせて十字ボタンの上下で変更しこれをNAME・AV・HRの順でくり返して行きAボタンで決定します。全て終えたらスタートボタンを押して下さい。画面がモード画面にもどり1プレイと同じ要領で試合を開始して下さい。(電源を切るとデーターは元に戻ってしまいます。)


<コントローラー説明>

●各部の機能
  モード画面 守 備 時 攻 撃 時 タイム時
スタートボタン タイトル画面での
決定ボタン
タ イ ム タ イ ム  
セレクトボタン        
Aボタン 決定ボタン 投球、送球
けんせい球
スイング
帰  塁
選手名出す
決定ボタン
Bボタン   守備画面出す
ベースタッチ、ジャンプ
リード、盗塁
走塁、バント
キャンセル
十字ボタン カーソル移動 投球コントロール
内外野手コントロール
スイングコントロール
ライナーコントロール
選手選択


<攻撃時のコントロール>

●バッティング
@ 十字ボタンの左右でバッターの位置を移動させ打つ位置を決めます。
A Aボタンでスイングします。完全にスイングする前にAボタンを離すと、バットは途中で止まります。止めたバットは自動的に元の構えに戻ります。(尚バットの高さはCOMが自動的に合わせます。)
B 十字ボタンの上下でスイング中、アッパー・レベル・ダウンを決定します。十字ボタンを上に入れるとアッパースイング、十字ボタンを下に入れるとダウンスイング、押さなければレベルスイング。
アッパースイング レベルスイング ダウンスイング
打球の強さ等は、以下の条件で決定されます。バットのどの位置にボールが当たったか、ボールの高低とスイングの種類のかねあい、ミートしたタイミング。


●バント
@ Bボタンを押すとバントします。再度押すと元の構えに戻ります。
A 十字ボタンの左右でバントの構え中にバッターの位置を変えられます。


●盗塁・進塁・帰塁
十字ボタン「上」 ホームベース
十字ボタン「左」 1塁
十字ボタン「下」 2塁
十字ボタン「右」 3塁
十字ボタンを押した方向によって進塁・帰塁が決まります。守備における送球も同じです。
@ 十字ボタンを進塁及び盗塁したい方向へ入れBボタンを押す。
A 十字ボタンを帰塁したい方向へ入れAボタンを押す。
B AボタンとBボタンを同時に押すと、ランナーがその位置で立ち止ります。離すと自動的にそれまで走っていた方向に向います。
盗塁出来るのは、ピッチャーがモーションをおこす前と、ピッチャーがボールを手から離してからです。


●ピンチヒッター(代打)
@ スタートボタンを押してタイムをかけます。Aボタンでオーダーセレクト画面になります。以下は、メンバーチェンジの項参照。


<守備時のコントロール>

●ピッチング
@ 十字ボタンでコースを決定。Aボタンで投球モーションに入ります。この時Aボタンを複数回叩く事で十字ボタンを入れた方向にコースをずらすことが出来ます。はAボタンを1回だけ押した時のコース。複数回押すとの方へ球がずれていきます。Aボタンのみならど真中。(尚コースは直球を投げた時のもの)
投球モーション中に再び十字ボタンを入れなおす事で、変化球を投げることが出来ます。変化の度合いは十字ボタンを長く押せば大きく変化します。速度変化は、短く押せばスローボール、長く押せば速球になります。


●捕球
@ 打球が飛ぶと、そのコースにより内野手の内4人はベースカバーに入り始めます。それ以外の野手を十字ボタンで操作して捕球して下さい。打球と野手の位置を合わせると自動的に捕球します。(外野手も同様です)
A 十字ボタンを入れBボタンを押すと入れた方向に選手が飛びつきファインプレーをします。Bボタンだけなら真上へ飛びます。(打球に近いプレイヤーのみ)
B 捕球後十字ボタンで投げたい塁に入れてAボタンを押して送球します。(Aボタンを押すまでの時間が長いと遅い送球になります。)
C 捕球後そのままベースに入る場合十字ボタンで塁を指定しBボタンを押します。
盗塁等でフィールド画面に切替わった時はBの「捕球後」と同じ操作で送球他を行います。


●けんせい球
@ Bボタンを押してフィールド画面にし、十字ボタンを投げたい塁へ入れAボタンで送球します。


●リリーフ
@ リリーフのタイミングとしてバッテリー画面でピッチャーの(ERA)が−−−−に変わったときを目安にして下さい。(操作は、代打と同様)


<採点モード>


●採点モードの説明
1P(コンピュータ対戦)時に、勝つとプレイヤーの実力をコンピューターが診断。試合終了時に、点数となって表示されます。プレイヤーの持ち点は、始め100点です。採点項目は、明らかに捕球できるボールを落球したり、ベースカバーのいない塁への送球ミスetc.……、持ち点よりマイナスされていきます。
点数を上げる方法としてファインプレー(ジャンピング・ダイビングキャッチ等)があります。そして最終的に点数が基準点を超えていれば、次のレベルのチームが登場して、プレイヤーのレベルに合わせた対戦チームと闘います。そして最高レベルのチームに勝って条件をクリアすれば、エンディングです。
レベル4で闘って勝っても点数がひくいとレベル3に戻る場合があります。


●採点明細書
@ 点数の内容が知りたい場合カーソルをめいさいをみるに合わせます。
しゅびはんい 取れるであろう打球を落球した。
そうきゅう 1イニングに遅い送球を3回以上した。
ちゅうけい ランニングホームランを打たれた。
ぼうとう カバーのいない塁へ送球をした。
けいとう スタミナがゼロの投手を投げさせ失点した。
ふんばり 満塁で四死球を与えた。(押し出し)
しってん 1イニング中に5点以上取られた。
かくじつせい ワイルドピッチでランナーに進塁された。
せんきゅうがん 三振の回数。
しんるい 盗塁又は、ワイルドピッチの時の進塁失敗。
きるい タッチアップせずに飛び出してランナーがアウトになった。
ファインプレー 何球かに一回出る飛びつきだけで捕れる打球を取った。


<チーム選択>

●一言コメント
Gチーム
色々ありましたが、実力はやはり、リーグNo.1かな!?
Cチーム
実力十分、でもメジャーになれないローカルの悲しさ。
Dチーム
豪快な打線がウリ。ノセるととってもコワイチーム。
Sチーム
いいチームなんですが…。まっ、カントク次第ですね。
Tチーム
勝敗なんか関係ない、Tファンのハートはいつも熱いぜ!
Wチーム
“奇跡”よもう1度!Wファンの期待は余りにも大きい!!
Buチーム
大型新人も加入し、めざすは悲願の日本一だぁー!!
Brチーム
打線の破壊力はものスゴイ!問題は投手陣ですね。
Lチーム
投打共に素晴しい。このチームには弱点がないのか!?
Hチーム
明るいイメージは十分、後は実力さえ付けば……。
Fチーム
投手陣が完調なら、必ず上位に喰い込めるハズ!
Oチーム
チームカラーが今ひとつハッキリしないんですが!?
Eチーム
自分だけのオリジナルチームを作ることが可能だ!!


<球場セレクト>

●TKドーム
:センター122m りょうよく100m
ドーム型室内野球場、3球場中一番広くランニングホームランが出ることがある。

●KOSIEN
:センター120m りょうよく91m
オーソドックスな土の球場、ラッキーゾーンがもうけられている。

●SAVE・ST
:センター120m りょうよく95m
屋外人工芝球場、色の鮮やかなフィールドで球が見やすい。


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る