ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る


赤川次郎の幽霊列車

<ADDRESS(ごあいさつ)>
このたびは、キングレコードのファミリーコンピュータ用カセット「赤川次郎の幽霊列車」をお買い上げいただき、誠にありがとうございました。プレイの前に、この取り扱い説明書をよくお読みいただき、正しい使用方法でご愛用ください。


<CONTENTS(もくじ)>

●プロローグ
●登場人物
●ゲームの始め方
●基本画面の説明
●コントローラーの使い方
●コンティニュー


<PROLOGUE>

プロローグ
のどかな田舎の温泉町「岩湯谷」。ここで、不思議な事件が起こった。
隣の駅、大湯谷に向かう6時15分発の列車の中から、乗客8人が忽然と消えてしまったのだ。岩湯谷から大湯谷までは、わずか15分。走っている列車の中から、8人はどうやって姿を消したのか――。
事件に関して、さまざまな憶測が世間を賑わせている中、この謎を解くためひとりの男が岩湯谷に降りたった。警視庁捜査一課の敏腕警部・宇野喬一である。女子大生・永井夕子と出会った宇野は、夕子と共に捜査を開始する。
果たして事件の真相とは? 感動のラストシーンが待っている!!


<CHRACTERS>

登場人物
宇野喬一 (37才)
警視庁捜査一課の敏腕刑部で、この物語の主人公。冷静、沈着がモットーのキレ者で、実力を認められ、今回の難事件の捜査を任せられたのだが、おテンバな女子大生・永井夕子と知り合い、調子が狂いっぱなし。
永井夕子 (22才)
東京の某大学の2年生。推理小説好きがこうじて事件の真相解明のために単身、岩湯谷に乗り込んできた。
ひょんなことから宇野と知り合い、強引に捜査に同行し、良きパートナーとなる。
児島公平
列車から消えた8人の乗客が宿泊した旅館「湯けむり荘」の主人。大のお酒好きで、町長とは飲み友達。普段はおとなしく礼儀正しいが、アルコールが入ると人が変わったように、おしゃべりになる。
植村美和
「湯けむり荘」の女中で、美人のうえに働き者と評判。問題の8人の乗客が泊まった日も、彼らの部屋係をしていた。幼い頃から町長にかわいがられ、「湯けむり荘」へも町長の紹介で来た。
駅長
名もないローカル線の終着駅、岩湯谷の駅長。人づき合いや面倒見が良く、人望も厚い。生まれ育った岩湯谷の町をこよなく愛し、町長からも大変尊敬されている。次期町長は確実との噂。
商店街の人たち
商店街にはいくつかのお店がある。店の主人達は、事件に関するさまざまな情報を提供してくれるだろう。
劇場 雑貨屋


<HOW TO PLAY>

ゲームの始め方
電源を入れると、画面にタイトルが表示されます。
十字ボタンでスタート(START)かコティニュー(CONTINUE)かを選び、Aボタンを押すと、ゲームが始まります。
(コンティニューの方法については、下記「コンティニュー」をお読みください。)
1度もセーブをしていない場合は、コンティニュー(CONTINUE)は表示されません。スタート(START)を選んで下さい。



基本画面の説明
コマンド 十字コントロールボタンで選んでください。
グラフィック その場面の絵が表示されます。
メッセージ 登場人物の会話などが表示されます。


コントローラーの使い方(通常コマンド)
十字ボタン コマンドの選択
Aボタン コマンドの表示・決定および、メッセージの早送り
Bボタン コマンドのキャンセル
スタート・ボタン  
セレクト・ボタン  

十字ボタン上下でコマンドを選択します。
Aボタンコマンドを表示・決定します。また押し続けると、メッセージを早送りすることができます。
Bボタンコマンドをキャンセルします。

「ぼうえんきょう」を選ぶと、画面に指のマークが表示されます。
十字ボタンで動きますので、調べたい場所まで移動させAボタンを押すとメッセージが表示されます。


コントローラーの使い方(会話コマンド)
十字ボタンの上下左右でキャラクターが移動します。会話をする時は相手に近づくとコマンドが表示されますので、通常コマンドと同様に操作して下さい。2回目以降に会話する場合は少し離れるので、もう1度近づいて下さい。宇野・夕子以外の登場人物が表示されていないシーンでは会話コマンドは使用できません。


コンティニュー
ゲームをやめる時は、宇野か夕子が表示されているシーンでセレクトボタンを押して下さい。1〜3の数字が表示されますのでセーブしたい番号を選びAボタンを押すと、セーブが終了します。(宇野か夕子が表示されていないシーンではセーブできません)電源を切る時は、必ず本体のリセットボタンを押しながらスイッチを切って下さい。リセットボタンを押さずに電源を切ると、セーブした内容が消えてしまう場合がありますので注意して下さい。
ゲームの続きをする時は、タイトル画面でコンティニュー(CONTINUE)を選び、1〜3の、セーブしておいた番号を選んで下さい。


町の配置図
この町を舞台に、物語は展開していく。消えた8人の行方は?


<STAFF>

スタッフ紹介
原作:赤川次郎 「幽霊列車」文藝春秋社刊
原画:わたせ せいぞう
作曲:すぎやま こういち
シナリオ:STUDIO HARD・池田美佐
グラフィック:吉田英博
音楽:田口泰宏
プログラム:マイティークラフト・西川博成


ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る