げーむのいりぐち
説明書の中から、プロローグなどの基本設定だけを載せています
ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る

アレサU
アリエルの不思議な旅


悠久の昔に、戦い、守り、悲しみ、喜び、
嘆き、称えし者たちあり。
移りゆく時代と歴史の渦のその直中にあって、
自らの尊厳と意志と希望だけをささえに、
旅を重ね、闘い、生きぬいた者たちである。
人々の記憶の中にも残らず、碑にも記されず、
永遠なる時の流れのその瞬きに、
一時輝いただけの無名の戦士たち。
しかし人が人である限り、争いは繰り返され、
その争いは人の手で治められる。
戦士たちは争いのない世を実現しようと闘い、
争いの中に生き続ける。
いつの時代にも、時の流れの瞬きの中で、
忘れ去られるために生きる戦士たちがいた。
アリエルとドールとカイルの冒険の陰で、
輝いては消えていく戦士たちにこのゲームをささげる。


<物語>

 熾烈をきわめたヴァンダール帝国との戦いから一年余り、帝国の支配から解放されたアレサ王国はかつてのような平和を取り戻しつつあった。魔道士の呪いから解放され、本来の姿を取り戻したアリエルは王位を継承すると、みんなと力を併せアレサ王国の復興に力をそそぐのだった。
 そんな最中、新たに建造されたアレサ城の玉座にたたずむアリエルのもとに、カイルと共に半年ほど前から旅の途にあったドールから一通の手紙が届いた。ヴァンダール帝国との戦いで大ケガを負ったカイルは、傷が癒えるとすぐ剣の修行の旅に発ち、ドールも行動を共にしたのだった。
 そんなドールからの久しぶりの便りに、アリエルは心を躍らせながら封を開いた。しかし、ドールの手紙に目を通したアリエルはその場で硬直してしまった。その内容は明らかにアリエルに救いを求めるものだったのだ。
 ドールたちの身にいったい何が起きたのだろうか?
 アリエルは「アレサの指輪」を身につけ、新たな冒険に出発する。手始めにドールの手紙に書かれた「ロゴス氷原」を目指し「コモの村」の道案内人トッドを探しだす。村では「氷原の果てにある緑の国」の不思議な言い伝えを耳にし、また老人には「ガイアの裂け目」に近付くなという謎の忠告をうける。そしてトッドと共に「ロゴス氷原」へ向かうのだった……。


 アリエルとトッドの2人は、森の中に倒れている自分たちに気づいた。
「コモの村」の言い伝え、氷原の果てにあるという「緑の国」は本当に存在していたのだ。2人が歩き始めドールの手紙に書かれていた森の近くの村「キサ」に着くと、そこで待っていたのはなんとドールだった。ドールの話によると、修行に出た2人はこの国の噂を耳にし、ここエルイモイ国にやってきたのだという。
 エルイモイ国は地球の裏側に存在する世界らしく、地図に表されていない国なのだった。ドールとカイルの2人は、この国を支配しようとする魔王アーケンの存在を知り、戦いを挑んだのだ。しかし、魔王アーケンの前にカイルは死に、ドールも深い痛手を負いながらも命からがら脱出し、「キサの村」に逃げのびてきたのだ。しかもアーケンは裏側世界のみならず、地上をも侵略しようと企んでいるらしいのだ。
「カイルのかたきをとって、この世界を救いたい」というドールに同意したアリエルは、アーケンのいるゼークト城に向かう。この先、幾多の試練が待っていることを、3人はその時知る由もなかった……。


<ゲームを始める前に>

アリエル、ドール、カイルの3人と喜びや悲しみを共有し、冒険を通して成長するあなたへ

 私はこれから何をして、どこへ行けばよいのだろう。だれに会い、だれと共に旅を続ければよいのか。ロールプレイングゲームを始めるとき、あまりにも選択肢が多すぎると途方にくれてしまう人がいるかもしれません。
「アレサU」は会話するというシステムを通じて、ゲームを進めていくあなたが一人ではないことや、運命のシナリオを実感することができるゲームです。ただひたすら徘徊するのではなく、あらゆる所で出会った人や動物たちにドンドン話しかけていってください。知らず知らずのうちに、アリエルであるあなたが孤独だけを友に冒険しているのではないことが分かるはずです。
 そして、それを勇気に換えて、モンスターとの戦闘を恐れず、ダンジョンを避けてしまわずに、進んでいってください。いたずらに戦いを避けていてもアリエルやドール、カイルは成長しません。
 モンスターやダンジョンでボスキャラと遭遇しても、それなりの成長がないとクリアするのにそうとう苦労することになります。
 ロールプレイングゲームで試されるのは、あなたの勇気と好奇心と、誠実さなのです。アリエルたちとともに、あるいはアリエル自身になって「アレサU」を冒険してください。


<登場人物>

● アリエル ARIEL
この古の物語の主人公。アレサ王国の女王にして「アレサの指輪」の継承者。
アレサ王国の復興に忙しい日々を送るある日、ドールから届いた一通の手紙により再び壮大なる冒険の世界に誘われる。

● ドール DOLL
「アレサの指輪」の継承者アリエルの手により目覚めし魔法人形。
先の戦いの後、過去の全ての記憶を失う。その後カイルと共に修行の旅に出るが、旅先で思わぬ事件に巻き込まれていく。

● カイル KYLE
剣の道を極めんと旅を続ける放浪の剣士。
ヴァンダール帝国との戦いでは大ケガを負うが、回復の後、己の未熟さを悟り再び修行の旅に出る。行く手に思わぬ敵が立ちはだかることも知らずに。

● トッド TODD
コモの村に住む朴訥な猟師。
氷原で猟をしながら暮らす槍の名手で、寡黙だが誠実で勤勉な人柄で村人たちにしたわれている。ドールの手紙に記された氷原の道案内をアリエルに頼まれ同行する。

● アーケン ARCHEN
邪悪なる竜族の王。
筋骨たくましい体に数多く残る歴戦の傷跡は、竜族の王にふさわしい。戦いになると狂戦士のごとく立ち振る舞う、向かうところ敵なしの猛者。

● ユノ JUNO
神に使える見習いの巫女。
明るく、くったくのない性格の元気な少女。自分の性急で早とちりの性格に年中後悔ばかりしているが、その無邪気さは回りの者に安らぎを与える。

● ゾッピルド ZOPPILDE
ゾッピー族の魔法使い。
ゾッピーにしては珍しく魔法使い風の衣装をまとう。おおらかな性格で細かいことにこだわらないが、魔法のことになると異常なまでのこだわりを見せる。

● ミネルウァ MINELVA
霊山の守護剣士。
なにごとも白黒をはっきりつけたい、男性的な性格の持ち主。女性ながら若くして守護剣士になっただけのことがあり礼節を重んじ分別をわきまえる。


げーむのいりぐち - スーパーファミコン

ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る