げーむのいりぐち
説明書の中から、プロローグなどの基本設定だけを載せています
ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る

アクスレイ


<STORY>

イーリス恒星系が闇の帝国を名乗る謎の敵との交戦状態に突入して5年の時がすぎていた……。
過去3度の大規模な基地奪還作戦も失敗に終わり、闇の帝国の圧倒的な戦力の前にイーリス防衛軍は壊滅的被害を受けた。
唯一の残された希望は、AXELAYの計画のみであった。

【AXELAY計画】
闇の帝国の侵攻に対すべくスタートした計画である。小型戦闘機に巨大戦艦級の武装を搭載。機動力と攻撃力の双方を備え持つという思想のもとに開発された。
秘密保持のため機体はイーリス本星にて制作、搭載する特殊武装は各惑星の秘密基地で開発が進められた。
しかし各惑星はすでに帝国の手に落ち、通信は途絶えたままである。「敵を殲滅し特殊武装を奪還せよ……」

そして今、最終調整を終えたAXELAYに燃料注入が始まった……。


<AXELAY DATA>

闇の帝国の侵攻に対すべく、イーリス防衛軍はAXELAY計画を発動した。その中枢をなす小型多目的戦術戦闘機がAXELAYである。機動力の重視より小型化が要求された結果、必要最小限の武装装備にとどめられている。
機体の機動力、戦闘力、防御性能の3点をクリアする為、特殊武装の採用が決定された。
この特殊武装はイーリス恒星系の各惑星で極秘に開発が進められる。特殊武装の装着により、AXELAYは被弾耐久性能の大幅な向上と大型戦艦をも凌ぐ戦闘力が期待される。

全幅:11.35m
全長:20.56m
全高:6.25m
翼面積:23.05u
運航自重:11,688kg
総重量:14,836〜28,495kg(MAX)
推力動機:ZARNAS X−001N×2
最大速度:71RARRT
武装:ショット、ミサイル、特殊武装
乗員:1名
実践データ――なし


<OPERATIONAL DATA>

<1 STAGE:「雲の惑星」>
イーリス本星に最も近い雲に覆われた小惑星。
闇の帝国はこの惑星の低い重力を利用して浮遊要塞を設置し前線基地として利用している。
AXELAYの最初の任務はこの前線基地に配備されている戦闘メカの破壊である。

<2 STAGE:「コロニー」>
かつて、イーリス防衛軍の研究施設だったこのコロニーでは屈曲エネルギー兵器を始めとする新兵器の開発が進められていた。しかしそれに目をつけた帝国により占拠され、原形をとどめないまでに改造されている。内部では2足歩行メカが建造されつつあるとの情報も入ってきている。

<3 STAGE:「都市惑星」>
20億の人口を誇ったこの惑星も闇の帝国の対惑星制圧兵器、空域戦略艦ラムズ1隻によって一夜にして死の惑星と化した。理由は不明だが帝国は破滅をまぬがれた街並みをコピーし、無機質な街が地平の彼方まで広がる機械の惑星を構造している。

<4 STAGE:「水と菌類の惑星」>
水と緑に囲まれた美しい惑星。しかし今では帝国の惑星改造計画により植物とも菌類とも区別できない異形の生物うごめく惑星と化している。惑星改造の副作用と思われる惑星温度の異常な偏りや、地盤の弱体化に加え未知の生命反応も観測されている。

<5 STAGE:「溶岩と炎の惑星」>
もともと火山活動の活発な惑星であったが帝国がエネルギー採掘の為のプラントを建設し、過剰なエネルギー採掘を行った結果、大地は割れプロミネンスの荒れ狂う灼熱の惑星と化した。

<6 STAGE:「闇の惑星」>
第3次イーリス奪還作戦によりその存在が確認された。帝国の拠点となっていると思われるが、その内部については全く分かっていない。


げーむのいりぐち - スーパーファミコン

ゲームの説明書サイト“げーむのせつめいしょ(仮)”
トップページに戻る